医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている脂肪注入(単一胞脂肪移植)のご紹介

単一胞脂肪移植というのはいわゆる脂肪注入と同様に脂肪を注射して、目の下のくまやほうれい線へ注入して見た目年齢を若返らせる治療テクニックのひとつです。効果としては脂肪注入と同様ですが、安全性や治療原理というのは全く違い、脂肪注入のデメリットを克服した新しいタイプの脂肪注入なのです。

私たちにしかできない脂肪注入「単一胞脂肪移植」

単一胞脂肪移植というのは私たちにしかできない手法です。なぜならこの方法には細胞調整室など特別な治療環境が必要であること。大学や研究機関と同等に細胞を扱える処理できる能力・技能が必要になるからです。コンデンスリッチやマイクロコンデンスというのはフィルター使って遠心濾過して、脂肪を細分化するのですが、純粋な脂肪だけに分類できる訳ではありません。しかし、単一胞脂肪移植は酵素を使って細胞を一つひとつに分化させ、その上遠心器で不要な細胞や繊維などを完全に除去できるのです。そのため、脂肪注入のようにしこりによってボリュームを足すのではなく、細胞そのものを移植するため安全性は極めて高く、脂肪細胞の生着も非常に優れています。

  純粋に脂肪細胞肌細胞だけを注射して移植します。

単一胞脂肪移植は純粋に脂肪細胞だけを抽出、細分化することができるので一切、余分な組織や細胞を混入させる心配はありません。また、必要に応じて脂肪幹細胞も限定抽出できるので混ぜ合わせて治療することもできます。

  論文でも発表され効果と安全性については十分確認されています。

単一胞脂肪移植は慶應義塾大学形成外科教室でも研究され、論文として発表されさまざまな書籍にも掲載されています。それを当院で臨床化させ、しこりをつくらない単一胞脂肪移植として効果と安全性を追求しました。

  しこりは絶対に形成しません。

しこりを形成しない脂肪注入はあり得ません。もちろん、しこりができないさまざまな工夫を凝らしてはいるようですが、出来ないということではありません。その点、単一胞は純粋な脂肪だけに細分化できるためしこりの形成は起こしません。

単一胞脂肪移植の効果

単一胞脂肪移植の効果は脂肪注入でできる効果と同じことです。大きな違いはしこりを形成しないというメリットで皮下への局所注入も容易にできる特別な脂肪注入なのです。

[単一胞脂肪移植でできること]

・目の下のくま    ・ほうれい線の解消肌    ・バストアップ(豊胸)
・ゴルゴ線の改善   ・こめかみの陥没改善    ・口唇拡大  など

単一胞脂肪移植 - 実際の方法
[ 脂肪吸引で良質な脂肪を採取します ]

単一胞脂肪移植で必要な脂肪を採取します。採取する場所はお腹、太もも、お尻のいずれかから採取します。脂肪吸引と併用する場合は、その脂肪吸引をおこった際の脂肪を使用します。脂肪吸引ですが、最初に脂肪を吸引する範囲に局所麻酔をおこないます。麻酔が浸透したら2、3ミリ皮膚に切開を加え吸引管を進入させる通り道を作ります。
次に採取する脂肪を分離させるためにチューメセント液(麻酔薬、止血剤などを混ぜたお薬)を広範囲に注入します。注入、薬剤の効果が現れるまでしばらく待ちます。十分に効果が現れたら脂肪を吸引していきます。
注入で必要な脂肪を採取できたら、チューメセント液を廃棄し、傷跡を縫合し脂肪吸引を終了します。

[ 採取した脂肪を単一化させます ]

採取した脂肪を洗浄し、余分な血液や麻酔薬を除去します。そうして脂肪細胞に酵素を添加し、脂肪細胞を分解します。一つひとつすべて手作業ですので、非常に時間はかかりますが、良質な脂肪細胞だけを採取できるメリットがあるため丁寧におこないます。この処理だけでも1時間程度かかります。十分な洗浄を繰り返し、顕微鏡で脂肪細胞の単一化を確認し、純粋な脂肪細胞だけを注射剤に変換します。これで単一化を終了します。

[ 脂肪細胞を注入・移植します ]

処理した脂肪細胞だけに変換したフィラー(注入剤)を気になるポイントに注射していきます。ほうれいせんなどは数分で終了しますし、目の下であっても10分程度で終了します。注入後はアイシングして脂肪細胞の定着率を下げないように工夫しています。

単一胞脂肪移植治療後の注意事項
[ 単一化させた脂肪細胞の生着を高めるために ]

単一胞脂肪移植で重要なことは生着率を高めることです。従来の脂肪注入と比べると遥かに生着率は高いのですが、それでも一定量は吸収されてしまいます。私たちの経験上1割程度吸収されます。(多い方でも2割程度の吸収です)そのため若干は多めに移植脂肪を増やしますが、過度の増加は不自然となりますので、あまりお勧めはしません。また、生着を高めるためにご自身で行って頂くセルフケアも重要です。

[効果の持続について]

生着した脂肪は吸収されてなくなることはありません。一度生着したら一生そのままです。ただし、だれでも老化は進みますから、これから起こる老化については別としてお考え下さい。今の状態が一生続く訳ではありません。

[メイクについて]

脂肪注入当日のメイクは控えていただきます。翌日からお化粧は可能です。

[洗顔・洗髪について]

洗顔や洗髪というのは特に制限はありません。しかし、シャワー浴については当日はできません。翌日に圧迫を除去していただきますが、それ以降可能になります。入浴については腫れを助長してしまいますし、脂肪の生着に影響の出る可能性がありますから、4、5日は控えて頂きたいです。

[アイシングの方法]

目の下への脂肪注入後は2、3日はしっかりと冷やして頂くことを推奨しています。

単一胞脂肪移植の費用について
[ 単一胞脂肪移植の費用について ]

単一胞脂肪移植の費用は注入部位によって違います。以下にその費用をご案内致します。

 
胸(豊胸)864,000円
頬への単一胞脂肪移植648,000円
目の下への単一胞脂肪移植432,000円
唇への単一胞脂肪移植432,000円
ほうれい線への単一胞脂肪移植432,000円
※実際の治療には上記の費用とは初めての方は初診料、血液検査が必要です。
※麻酔クリームの費用は治療費用に含まれていますので追加加算はありません。

脂肪注入は決して安全な治療ではないということを知っておくべきです。コンデンスリッチにしこりはできないと表現している美容クリニックもありますが、現実にはコンデンスリッチを受けてしこりで悩んでいる方は少なくありません。本来脂肪注入というのは脂肪細胞が細胞として生着するのではなく、瘢痕組織としてしか生着しません。もちろん、瘢痕組織ですからボリュームとして凹みを治すというのは非常に有効ですし、意味のある治療であることに違いはありません。しかし、生着率100%やしこりができないというのは大きな間違いであり、そんな治療は存在しません。誤った表現に騙されることのないよう正しい知識を持つことが大切なのです。

■ しこり

しこりのできない脂肪注入というのはほとんどありません。ほとんどの確率でしこりはできるものです。ただし、深い層に脂肪を注入するとしこりはわかりません。もちろん、それが悪い訳ではありませんが、しこりを作ってしまうような治療は避けるべきことでしょう。私たちの脂肪注入はコンデンスリッチや一般的な脂肪注入と違い、酵素を使って脂肪細胞を細分化させるため、浅い層への注入も可能ですし、何よりしこりを絶対に作らないというメリットがあります。

■ 感染

脂肪注入における創部の感染は注入した脂肪がすべて無くなるだけではなく、注入部分の陥没にもつながるため厄介なトラブルのひとつです。万一、感染してしまった場合は内服や点滴・注射で治療が必要になります。慶友形成クリニック神戸では感染のリスクを低くするため、手術室の清浄度をクリーンルーム規格とし、採取した細胞は無菌の細胞調整室で処理しています。国内で手術室、細胞調整室までクリーンルームの規格に合わせた美容外科は当院だけです。


単一胞脂肪移植のデメリット

単一胞脂肪移植にもデメリットはあります。それはどこの美容外科でも気軽に行うことはできません。細胞調整室やクリーンルームなどの基準を兼ねそろえた美容外科でなければさまざまなリスクを負うことを忘れないで下さい。また、この単一胞は脂肪細胞を細分化させるために細胞のロスが非常に多いため、大量の脂肪を注入する豊胸術などは難しいケースもあるのです。

[脂肪細胞のロスが多い ]

単一胞脂肪移植の最大のデメリットというのは採取した脂肪を単一化させるまでに多くの脂肪を無駄にしてしまいます。通常、100mlの脂肪を採取したら、70、80mlの脂肪は使えるでしょう。繊維物などを混ぜ込めばさらにロスは少なくなります。単一胞は採取した脂肪を単一化させ、さらに強い丈夫な脂肪細胞を抽出するとなると、20ml程度の単一胞脂肪しか採取できないのです。今後、この処理方法については改善されるでしょうが、現状では非常にロスの多い治療なのです。しかし、このロスの問題を除けば治療効果、安全性についてはどの脂肪注入よりも優れているのです。

[どこでも出来る訳じゃない ]

単一胞脂肪移植は現在行われている脂肪注入テクニックの中で最も安全で効果的な脂肪注入です。しかし、どこの美容外科でも容易におこなうことができるものではありません。それは技術面だけではなく、設備面で無理なのです。現実にクリーンルームと細胞調整室を兼ねそろえた美容外科は国内にはありません。残念ながら当院しか無いのです。もちろん今後は増える可能性はあるでしょうが、現実にここまでの設備と完備するというのは一般の美容外科では不可能です。

慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.