医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニック神戸が提供する再生医療のご紹介
[ 名ばかりの再生医療ではなく、真実の再生医療を提供します。 ]

再生医療という言葉を耳にすることは多いでしょう。実際に美容医療に限らずさまざまな分野で再生医療は実用化されていますから。美容医療における再生医療という言葉を用いた治療のすべては実は再生医療と呼べるものではありません。成長因子の注射やPRPなどを再生医療と表現していますが、これらの治療は再生医療ではありませんし、再生医療と呼ぶに相応しい治療でもありません。

線維芽細胞移植術

線維芽細胞を知っていますか?真皮にある細胞ですが、この細胞は肌の構成に重要な役割を果たしているんです。線維芽細胞の働きはコラーゲンの再構築、エラスチンの生成、ヒアルロン酸の分泌です。老化した肌というのは線維芽細胞の働きが低下したか、細胞そのものが減少した状態です。慶友形成クリニックの再生医療はこの「線維芽細胞」を培養して肌に戻して移植します。

■肌は常に老化しています

毎日しっかりとスキンケアを行ったとしても肌の老化は常に進行しています。老化しない肌というのは絶対にありません。大切なのは肌の老化を遅らせること、肌を少しでも若返らせることです。それに欠かせないのは「線維芽細胞」です。通常の細胞の老化、紫外線による光老化、ストレスや外的要因による細胞の老化。常に繰り返される老化を止める手だてになるのが「線維芽細胞移植」であることを知って下さい。


(線維芽細胞移植で実感して頂ける効果)

   肌の若返り   肌のハリ・潤い   しわの改善   ほうれい線の改善  たるみの改善
   目の下のくま  肌のくすみ     肌の老化予防
など肌には有効な効果だけを実感して頂けます。

■慶友形成クリニックでの再生医療のススメ

肌の再生医療を行っているクリニックは少しずつ増えています。しかし、美容医療を専門としているでしょうか?肌の再生医療で大切なのは単に細胞だけを培養できれば良い訳ではありません。美容医療の経験と細胞培養の技術・経験の双方が絶対に必要ですし、効果に違いを生じるものです。
また、こういった再生医療の成績効果、患者さんの満足度を引き上げるためにヒアルロン酸を混ぜたり、成長因子、PRPを混ぜる治療にシフトしています。これでは本来の安全な再生医療とは違ってきますし、それであればなにも細胞培養のような治療を用いる必要はありません。単純に成長因子やPRPを行えば良いのです。
慶友形成クリニック神戸では、一切そういった混ぜ合わせた治療はおこないません。細胞培養・移植だけで肌の若返り効果を実感できる治療を責任もって行っています。細胞培養だけで満足のいく結果が出せる美容外科は当院だけであると自負しています。

肌の若返りをもっと詳しく



脂肪移植(単一胞脂肪移植)

再生医療にここまでの治療ができる美容外科は他にあるでしょうか?慶友形成クリニック神戸では線維芽細胞による肌の若返りだけではなく、脂肪細胞を単一化させ肌や陥没部分に移植させる治療技術を構築しています。多くの美容外科ではコンデンスリッチ、マイクロコンデンスなど一定の成績を納めていますが、やはりしこりの問題は拭いきれません。
慶友形成クリニックの単一胞脂肪移植は脂肪細胞を単一化させ、移植させるためしこりは作りませんし、なにより生着を高めることができます。この手法は論文にも掲載され、医学・学術的な評価もあります。それを私たちは臨床結果として導きだしました。慶友形成クリニック神戸唯一の再生医療「単一胞脂肪移植」であなたの悩みを安全に効果的解消します。

(単一胞脂肪移植で実感して頂ける効果)

   目の下のくま   目の下の凹み   ほうれい線   こめかみの凹み
   顔のしわ     脂肪吸引後の陥没 など

→ 脂肪注入・単一胞脂肪移植

慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.