医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
私たちが行っている鼻を高くする方法

鼻を高くするにもいろいろな方法がある

当院の隆鼻術には大きく分けると3つの方法があります。外科手術ではないヒアルロン酸注射によって鼻を高くする隆鼻術、人工軟骨(プロテーゼorゴアテックス)による隆鼻術、自家組織(耳介軟骨or肋軟骨)を使った隆鼻術です。ヒアルロン酸による隆鼻術は時間の経過とともに吸収され元の状態に戻りますが、人工軟骨と自家組織による隆鼻術については一度の手術で生涯ご希望している鼻に形成することができます。人工軟骨と自家組織の選択方法については基本的には人工軟骨を主に推奨しています。その理由としては万一、隆鼻の後に鼻の高さを元に戻したいと思われた場合、自家組織の場合は困難ですが、人工軟骨の場合は比較的容易に修復できます。自家組織を希望される方は人工物を使用するのが嫌という方に対しおこなう隆鼻ですが、修復は基本的には難しいということを十分理解しておく必要があります。

私たちの隆鼻術の特徴・お約束

隆鼻術は仕上がりも重要ですが、
将来的な安全性も絶対に確保しなければいけません。

〜あなたにとって一番ベストな治療を提案します〜

鼻を高くする隆鼻術というのは比較的未熟な医師がおこなったとしても極端に不自然な仕上がりというのはほとんどありません。しかし、それは短期的な意味合いであり数年後、数十年後の変化は大きく違ってくるのです。なぜならプロテーゼを用いた隆鼻というのは使用するプロテーゼの挿入前の処理方法、プロテーゼを挿入する剥離層、挿入・固定位置によって皮膚へのテンション、ストレスがかかるからです。私たちは長年培った経験と、医療材料へのこだわりから仕上がりだけではなく、将来的に引き起こす影響をふまえ安全で適切な隆鼻術をおこなっています。

  1.新しいプロテーゼが良いとは言えない。

最新式のプロテーゼを安易に導入する美容外科もありますが、それらは本当に正しい選択なのでしょうか?新しいものというのは長期で経過をみていない、いわば未確認の人工物です。どうしてそれば安全と考えられるのか?私たちには理解できません。大切なのはこれまで安全であったかどうかということです。自然な仕上がりにできたかということです。私たちは20年という実績と長期に及ぶ経過観察によって絶対に安全であるという医療材料しか使用しておりません。

  隆鼻術は絶対的な安全性と自然な仕上がりが重要。

鼻の整形というのはプロテーゼや自家組織を使った手術が中心となりますが、将来的な問題を引き起こしてしまう可能性のあるものが平然と使われていたり、わずか数年の実績しかない医療材料が安全と謳われそれを使っているのが現実。私たちは20年以上の実績がある上、使用した医療材料について一生涯フォローできる管理体制を確立しています。

  鼻の整形で重要な医療設備・環境を設立・運営しています。

鼻の整形ではプロテーゼと呼ばれる人工軟骨や自家組織を移植するため手術の環境が将来的に影響する可能性があります。手術室というのは誰もが清潔で綺麗な場所と思われているのですが、残念ながら日本の医療基準には一切の設定や基準はありません。そのためすべての美容外科は壁紙を手術室っぽく張り替え手術室として運営しているのです。慶友形成クリニックは手術室の規格をNASAのクリーンルームに設定した日本で唯一の美容外科クリニックです。人工物や自家組織を扱う鼻の整形にとって最善の手術室を整えています。安心してご相談下さい。

鼻を高くする方法

人工軟骨による隆鼻
- プロテーゼを使って鼻を高くする

鼻を高くする代表的な治療が「プロテーゼを使った隆鼻術」です。古くから行われてきた治療であり安全性は極めて高い手法です。プロテーゼの形状がL型と、I型の2つの形状があり、多くの美容外科では未だにL型のプロテーゼを使用していますが、基本的にはL型のプロテーゼを使った隆鼻は鼻先への負担を引き起こすためお勧めはしません。

プロテーゼをさらに詳しく

- ゴアテックスを使って鼻を高くする

ゴアテックスというのは人工血管などにも使われている医療材料としては国内でも非常に古くから使われている非常に安全な人工素材のひとつです。ゴアテックスは非常に柔らかく加工が容易で鼻を延長し眉間部までの高さを出す隆鼻などに非常に有効です。通常の隆鼻にも当然使えますが、ゴアテックスそのものに厚みが少ないため、鼻を高さによっては通常のプロテーゼが好ましいこともあります。

ゴアテックスをさらに詳しく
自家組織による隆鼻
- 肋軟骨を使って鼻を高くする

胸部の軟骨である肋軟骨を使って鼻を高くする隆鼻術です。胸部を3センチ程度切開し肋軟骨を採取し、それをグラフトとして使い鼻を高くするのですが、採取した肋軟骨の処理方法によっては数年後に変成を引き起こし、曲がってしまうというリスクがありますが、それはあくまで処理の手法に問題があるだけであってきちんとした肋軟骨の処理を実施すれば変成は引き起こしませんし、異物を使わない隆鼻術としては非常に満足度の高い手術方法のひとつです。

肋軟骨による隆鼻をさらに詳しく

- 鼻中隔、耳介軟骨を使って鼻を高くする

鼻中隔を延長する場合に採取した鼻中隔軟骨や耳介軟骨をグラフトとして使用し鼻を高くします。鼻中隔軟骨にしろ、耳介軟骨にしろ厚みは1、2ミリ程度しかありませんので、重ね合わせて隆鼻をおこないます。そのため希望する鼻の高さによっては、肋軟骨をお勧めする場合もあります。

鼻中隔・耳介軟骨による隆鼻をさらに詳しく
フィラーによる隆鼻
- ヒアルロン酸注射で鼻を高くする

純粋なヒアルロン酸製剤を使って鼻にボリュームを加え鼻を高くする隆鼻術です。注射による治療ですのでダウンタイムは全くありませんし、気軽に受けることができるというのが大きな特徴でありメリットなのですが、皮膚の厚みによっては希望している高さに膨らまず、横に広がってしまうことも少なくありません。ヒアルロン酸による隆鼻には希望している形状を表現できないこともあるとを十分理解しておく必要があります。ヒアルロン酸注射による隆鼻でどんな形状にでも叶えられるというのは幻想であり、現実には無理なこともあるのです。

ヒアルロン酸注射をさらに詳しく

慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.