医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っているお腹の脂肪吸引のご紹介

お腹の脂肪吸引は脂肪吸引の中では幅広い年齢層の方から好まれる部分痩せです。お腹の脂肪吸引は範囲が広いケースが多く、術中・術後の痛みを心配される方が多いのですが、太ももや二の腕などのように普段よく動かす場所とは違うため術後も激しい痛みを感じることはありません。また、皮膚表面の凹凸を作りにくいというのもお腹の脂肪吸引の特徴です。

私たちのお腹の脂肪吸引

お腹の脂肪吸引で大切なのは、どれだけ効果的に痩せたかという結果です。慶友形成クリニック神戸の脂肪吸引は効果的なレイヤーメソッドで各層に応じた適切な皮下脂肪の吸引を行っています。豊富な吸引カニューレの使用や吸引圧力の調整によって誰もが結果に満足していただける脂肪吸引を実践しています。また、術後のケアに対する取り組みをこだわっており、理学療法士によるサポート、エステティックによる苦痛の緩和によって術後の苦痛を和らげています。

  確実な効果、仕上がりを保証いたします。

お腹の皮下脂肪の付き方というのは個々で大きく違います。上側に付く方、下側に付く方、全体的に付いてしまう方など悩みはそれぞれ違います。大切なのはどこの部分を吸引するかで仕上がりの美しさ、希望に近づけることです。私たちはお腹の脂肪吸引を請け負う以上、責任のある、効果を実感して頂ける脂肪吸引を実践しています。

  痛みに対する取り組みを徹底しています。

お腹の脂肪吸引に限った訳ではありませんが、「脂肪吸引=激しい痛み」と連想する方は非常に多いでしょう。しかし、私たちの脂肪吸引は出来る限り痛みを感じさせないよう、麻酔への工夫、術後ケアへの取り組みを徹底しています。他では出来ないお腹の脂肪吸引後の苦痛の緩和に自信があります。

  傷を目立たせない技術を持っています。

脂肪吸引の傷というのは吸引口に残るのですが、わずか少しの傷です。しかし、実際に脂肪吸引を受けられた方にとっては以外に気にしてしまうもの。シースと呼ばれる保護材を使ったとしても、皮膚の炎症・挫滅を完全に防ぐことはできません。慶友形成クリニックのお腹の脂肪吸引の場合、そういった傷に対するケアにもこだわった治療を実践しています。

お腹の脂肪吸引 実際の方法
[ 細く・美しくするのがお腹の脂肪吸引です ]

・お腹の脂肪吸引の麻酔について
お腹の脂肪吸引の麻酔ですが、下腹部だけであったり、上腹部だけなど部分的な脂肪吸引であれば局所麻酔で十分です。しかし、広範囲に及ぶ脂肪吸引を希望される場合はチューメセント液と呼ばれる麻酔薬の注射に対する痛みが強いですから、静脈麻酔や全身麻酔など他の麻酔方法との併用をお勧めします。

お腹の皮下脂肪の特徴

お腹の脂肪には、皮下脂肪、内臓脂肪があり、それぞれ異なる性質を持っています。その違いは簡単で摘める脂肪が皮下脂肪、摘めない脂肪が内臓脂肪です。脂肪吸引で取り除くことができるのが皮下脂肪であり、内臓脂肪は一切取ることはできません。
また、他の皮下脂肪と違い腹膜に近い層の脂肪は取ってはいけません。それは術後の腹膜炎の誘発や激しい痛みを与える可能性が極めて高いため十分注意しなくてはいけないのです。

チューメセント液の注入

お腹の脂肪吸引ですが、基本的にはおへそを中心として吸引口を作成します。皮下脂肪を吸引しやすくするためと痛み止め、止血作用を基本的効果にしたチューメセント液を少しずつ、脂肪を吸引する範囲に注射していきます。お腹の脂肪吸引で痛いというのはこのチューメセント液の注射です。麻酔が浸透してしまえば痛みを感じることはありません。
チューメセント液が十分に浸透するまでしばらく放置します。その際、体外的にマッサージをおこない皮下脂肪を効率よく吸引できるような処置をおこないます。こういった細かなこだわりがふくらはぎの脂肪吸引を成功させるためのコツでもあります。

脂肪層を細かくほぐします

チューメセント液が十分に浸透し、お腹の皮下脂肪が柔らかくなったら、専用のバーで脂肪層を直接、細かくほぐしていきます。いきなり吸引する美容外科もあるでしょうが、丁寧に処理することで出血の予防効果もありますし、なにより皮下脂肪が細かく分散されるため安全にふくらはぎの脂肪吸引がおこなえます。 また、腹膜への損傷をあたえないためにもすぐに吸引するのではなく、吸引層をきちんとチェックすることが望ましいのです。

お腹の皮下脂肪を吸引します

お腹の脂肪吸引は中層を中心に吸引します。比較的皮膚も厚いため、浅い層の皮下脂肪にまで及び脂肪を吸引します。深層の脂肪というのは腹膜への影響があるため出来る限り除去しますが、過剰な吸引は避けるべきでしょう。他の部位の脂肪吸引とは違い皮膚への凹凸はできにくいのですが、雑な吸引は皮膚への凹凸の原因となります。ゆっくりと時間をかけて丁寧に皮下脂肪を吸い取ります。基本的な考えですが、吸引時間=吸引量です。時間の短縮は結果と効果に不満を生じやすいので、凄く丁寧に吸引しています。

細くした後は形状を整えます

お腹の脂肪吸引はそれぞれの層に分けて吸引することでより効果的な細さを出すことができます。また、吸引カニューレの操作だけではなく、吸引圧力を調整することで皮膚表面の凹凸を引き起こさないような工夫を凝らしてします。

術後の圧迫と固定

予定の吸引量が完了し、仕上がりの状態を確認し、問題なければ傷跡を目立たせないように吸引口の皮膚をトリミングします。最後にチューメセント液や血液を圧迫してすべて取り除き、傷を縫合しお腹の脂肪吸引を終了します。
術後の圧迫・固定などのドレッシングをしっかりと行います。

お腹の脂肪吸引の術後の腫れ・注意事項
[ お腹の脂肪吸引後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

お腹の脂肪吸引は術直後より腫れを生じます。術後3日間はしっかりと圧迫することで、腫れや内出血を抑えるようにします。圧迫に関しては最低でも3日間はしっかりとおこないその後除去することができます。圧迫の除去についてはご自身でもできますが、基本的には来院を推奨しています。
お腹の脂肪吸引後7日目に抜糸します。抜糸は皮膚を切ったりする訳ではありません。糸を切るだけですので痛みはありません。処置そのものは5分程度で終わります。傷跡部分にテーピングを推奨しています。傷跡を目出させないようにするためには重要です。
お腹の脂肪吸引後、1ヶ月、3ヶ月過ぎたところで経過を診させていただき、最終的な満足度を確認し終了です。

[清潔ケアについて]

入浴は抜糸の翌日から可能です。シャワーについては圧迫固定の除去後からですので4日以降で可能です。3日間はドライシャワーや清拭などで過ごしていただきます。

[腫れ予防]

お腹の腫れを少しでも解消するために圧迫やガードルなどの装着を推奨します。

[術後ケアサポート]

術後のケアとして、インディバなどで痛みや腫れを緩和させるケア、理学療法士による治療を受けて頂けます。内容については個々で違いますが、カウンセリングできちんと内容をご提案させていただきます。

お腹の脂肪吸引の費用と保証について
[ お腹の脂肪吸引にかかる実際の手術費用のご案内です ]
お腹の脂肪吸引(ポイント法)の実際の費用
手術費用270,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計279,720円(税込)
※すべて税込費用で表記しています。

治療費用には術後の検診や保証費用などすべて含んでいます。

お腹の脂肪吸引の仕上がり保証について

カウンセリングの際にお腹の皮下脂肪の状態を診させていただき、細くしたい部位を確認し、その上で具体的な吸引量や吸引場所、吸引口などをご提案します。必要に応じてお腹のCTスキャンなどの検査を実施し、吸引可能な脂肪や脂肪層を医学的に解説します。
私たちは言われるがままの治療はおこないません。もちろん、ご要望を最優先するのは当然ですが、結果の出せないケースや、吸引することで問題を引き起こす場合などはしっかりと説明し、その上でお腹の脂肪吸引によって得られる満足度・希望の仕上がりに対して保証できる場合に限りお腹の脂肪吸引を提案しています。
私たちが可能であると判断した場合の結果についてはきちんと保証させていただきますのでご安心下さい。
ただし、治療結果を得て頂くまでには常識的な期間、ふくらはぎの脂肪吸引の場合、3ヶ月から長い方の場合、半年程度のお時間を頂くことはご了承下さい。

(術後の検診について)

抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですがいらっしゃいます。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんと来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。


お腹の脂肪吸引というのは脂肪吸引の中でリスクの高い脂肪吸引であることは知っておいて下さい。なぜならお腹には腹膜に覆われた内蔵があり、わずかな操作ミスで腹膜を傷つけてしまったり、最悪のケースとしては腹膜を突き破ってしまい重大な医療事故を起こしてしまうなど、本来の脂肪吸引であればあり得ないことも起こっているのです。
もちろん、お腹というのは皮下脂肪が容易に付きやすいため脂肪吸引を望むという方も多いのですが、あまりにも簡単にお腹の脂肪吸引を考えている方が多いので、真剣にお腹の脂肪吸引を考えている方には決して安易に考えてほしくはないのです。

■ お腹のたるみ

お腹のたるみというのは普通の生活をしていても簡単にできてしまいます。それは皮下脂肪の影響だけではなく、腹直筋など筋力の著しい低下によるものです。お腹の脂肪吸引を受けたならなおさらです。いくら細くなってもお腹の皮膚が弛んでいては決して美しいボディラインとは言い難いものです。
慶友形成クリニックではお腹の脂肪吸引の術後にインディバやPNF、マッサージを行うことによってお腹のたるみを出来るだけ引き起こさないようなケアを行っています。

■ 効果を実感できない

お腹の脂肪吸引というのは普通であれば劇的な効果を実感できるものです。しかし、中には考えていた以上の効果を実感できなかったと他院などの修正に訪れる方もお見えになります。もちろん、吸引不足による仕上がりの不満というかたもお見えになるのですが、そうではなく、内臓脂肪によってあまり細く実感できなかったという方も少なくありません。お腹の脂肪吸引というのはあくまで皮下脂肪だけを吸引するものであって、内臓脂肪までは絶対に吸引できないのです。
いくつかの美容外科で90%以上の吸引が可能や、すべての皮下脂肪が吸引可能という宣伝を見ることもありますが、そこまで皮下脂肪を吸引してしまうと必ず失敗するのです。お腹の脂肪吸引で大切なのはある程度残さないと内臓脂肪や一部の臓器が表面に浮き出てしまうなどさまざまな問題を抱えていることを知っておきましょう。

■ 血腫

血腫というのは吸引量、吸引範囲によって強くなる可能性があります。血腫を形成した場合の回復には早い方で1週間程度、長い方でも3週間程度で回復します。私たちは術中の止血だけでなく、術後のドレッシングに工夫を凝らして血腫の予防に努めています。


慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.