医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っているマイクロカットのご紹介

マイクロカット法というのは埋没法にさらに眼窩脂肪を除去する脱脂を組み合わせた二重瞼の方法です。通常、眼窩脂肪の除去となると皮膚を大きく切開して除去するイメージを持たれるかと思いますが、マイクロカット法は埋没法の糸を通すわずか1ミリ程度の穴から眼窩脂肪を除去する特殊な技術手法です。顕微手術で非常に小さな穴から、複雑な層に細かく分けて取り除く技術はどこでもできる手法ではありません。

私たちのマイクロカット法

埋没法の穴から脂肪を除去するという処置そのものは決して難しいものではありません。仮に不慣れな医師がおこなっても適応判断に誤りがなければ眼窩脂肪の層を探し出すことは容易です。しかし、それは挙筋腱膜に対し著しいダメージを与える可能性が高いため、見た目は同じであっても内部の損傷・ダメージは大きく違うものです。

  腫れを抑えたマイクロカット法をおこないます

埋没法は普通におこなったとしても元々腫れは少ないもの。しかし、それ以上に腫れを少なくする工夫が私たちにはあります。また、眼窩脂肪を除去しても腫れの少なさには自信が有ります。

  自然な仕上がり、美しい二重まぶたをお約束します。

まぶたの皮膚の折り返しを自然な位置に設定しないと、いくら幅が広いおおきな目の印象に変わっても不自然な仕上がりに陥ります。大切なのは自然さと、不自然さの限界点を見極めることが埋没法には必要です。また、腫れぼったいまぶたを解消させる脱脂の技術は限られた医師にしかできない技術のひとつです。

  カウンセリングで確認した仕上がりをお約束します。

徹底したカウンセリングであなたの希望をお聞きし、その仕上がりに仕上げることが埋没法の成功です。私たちは埋没法の直後より、ほぼあなたの希望している状態に仕上げています。

  痛みを最小限に抑えます

埋没法の痛みは最初の麻酔の注射です。ほとんどの人は強い痛みとして感じません。しかし、痛みに敏感な方はそれを苦痛と感じるでしょう。私たちは全ての痛みを抑えるようさまざまな工夫をしています。

  ライン消失の可能性を究極まで抑えています。

眼窩脂肪の除去によって、埋没法の取れるリスクを抑える効果も状態によっては大きな効果を導きだすこともあります。埋没法は糸で止めるだけの方法です。しかし、取れにくくする工夫はあるのです。私たちは糸の品質、結び目・糸の通し方の工夫を凝らしています。

  結膜側に糸を露出させません。

結膜側に露出させる埋没法というのは今はほとんどの美容外科で行われていないでしょう。私たちは埋没法を行って20年以上の実績がありますが、糸を露出させたことはありません。

埋没法の方法
マイクロカット法の術後の腫れ・注意事項

ここではマイクロカット法の手術の手法についてご説明します。マイクロカットには眼窩脂肪を除去する特殊な技術が必要です。慶友形成クリニックのマイクロカットは顕微手術でおこないますので、脱脂の正確性と取れにくい埋没法の技術には自信が有ります。

まず最初にデザインを行います。実際にシュミレーションをおこないご希望の二重まぶたの幅を確認します。このデザインによって仕上がりが決まります。埋没法に限ったことではありませんが、デザインですべてが決まるとお考え下さい。

次に麻酔の注射をおこないます。麻酔はまぶたの表面とまぶたの裏側に注射します。まぶたの裏側は目薬による麻酔も併用しますので、激痛となるようなことはありません。埋没法の麻酔は数分で終わります。

麻酔の効果が現れたら糸を通す部分に2ミリ程度の切開を加えます。そうして結び目の露出や皮膚の凹凸を起こさないよう細かく処理します。埋没法はこのような処置をするのとしないのとでは仕上がりに影響しますので、顕微ルーペを用いて細かく丁寧に処置します。

次に眼窩脂肪の処理に入ります。肉眼では見極めることが難しいのですが、顕微手術であれば眼窩脂肪の層を正確に判断できるため、除去は非常に容易です。適量な眼窩脂肪を内出血を引き起こさないように丁寧に処理し除去していきます。眼窩脂肪の除去が終わったら埋没法の土台となる瞼板に糸を通します。まぶたの裏側(結膜側)に糸の露出が無いことを確認し、仕上がりのデザイン通りか否かのチェックをおこないます。ご要望に応じてこの状態で仕上がりを鏡でチェックしていただけます。


最後に糸を結んでマイクロカット法は終了します。もちろん、最終的な仕上がりの確認をこの時に行って頂きます。基本的にはこの状態がほぼ仕上がりに近い状態です。そのため手術の結果には確実に満足して頂けるのでご安心下さい。

マイクロカットの手術が終了したら軽い圧迫とアイシング(冷やします)するために少しお休みして頂いてからご帰宅していただけます。

マイクロカット法の術後の腫れ・注意事項
[ マイクロカット法の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

マイクロカット法の腫れは3、4日程度です。ただし腫れと言っても大きな腫れではありません。コンタクトレンズの使用については3日後から装着可能ですが、結膜側に腫れを生じていることがあり、ズレやすく稀にゴロゴロとした異物感を感じる可能性があります。腫れが引けばそういった症状はすべて解消します。
もともと一重まぶたの人を二重まぶたにするわけですから、術後に違和感を感じます。その違和感というのは苦痛となるものではありませんし、通常、3、4日程度で感じなくなります。 。

[メイクについて]

ファンデーションなどは手術当日から可能ですがアイメイクは4日以降を推奨しています。

[洗顔・洗髪について]

マイクロカット法当日は目元を洗うことはできません。目元以外は特に制限はありません。シャワーは当日から可能ですが、入浴については腫れが落ち着いた2、3日以降を推奨しています。

[アイシングの方法]

マイクロカット法の後はご自宅でも少し冷やして頂くことを推奨しています。冷やし方については術後にお渡しする注意事項、冷やし方の冊子をご参照下さい。

マイクロカット法の費用と保証について
[ マイクロカット法にかかる実際の手術費用と仕上がりの保証についてのご案内です ]
マイクロカット法の実際の費用
手術費用216,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計225,720円(税込)
※すべて税込費用で表記しています。

治療費用には術後の保証などすべて含んでいます。また、マイクロカット法はもともと大きく腫れを生じる治療ではありません。腫れないための工夫など無意味な追加費用の加算はございませんのでご安心下さい。

マイクロカット法の保証について

マイクロカット法の術後の保証についてですが、術後1年以内のライン消失は追加費用なく無償で再手術を受けて頂けます。(お薬代や麻酔費用などの追加加算もございません。)マイクロカット法の術後1週間以降に仕上がりの状態を確認させていただき、ご希望の仕上がりを確認し一旦終了します。ご本人のご都合によるラインの変更は別途費用が発生します。
術後に何らかの違和感や問題が起こった場合は速やかにご検診にお越し下さい。当院で受けて頂いたマイクロカット法によるトラブルに関しては期間に関わらず保証させていただきます。

マイクロカット法に向いている人・向いていない人
[ マイクロカット法はすべての方に向いている、適している訳ではありません ]

マイクロカット法を検討している方に知っておいてほしいのは、基本的には埋没法であるということです。そのため埋没法の注意事項と代わりはありません。そのため、マイクロカット法は誰もが適している訳ではないということです。もちろん、受けるだけならば誰もが受けることは出来るでしょう。しかし、この方法で二重瞼の整形を受けたからといって同じように自然な二重まぶたに仕上がるものではありませんし、本来治療適応とされない人に無理矢理にでもマイクロカット法をおこなうと眼瞼下垂を引き起こしたり、数日でラインが消失してしまったりなど結果に満足できないこともあるんです。

[マイクロカット法に向いている人]

腫れぼったい原因が眼窩脂肪であること    腫れぼったさを改善したい方
埋没法の適応がある方            二重まぶたの幅を少しだけ広げたい人

[マイクロカット法に向いていない人]

まぶたの皮膚そのものが厚い方    シュミレーションで二重まぶたが維持できない方
幅の広い二重まぶたを希望している方   まぶたを持ち上げる筋肉の弱い方 眼瞼下垂の傾向にある方


マイクロカット法は眼窩脂肪を除去し、皮膚と瞼板とを糸で固定し癒着させ二重瞼を形成する治療です。皮膚を切開するといってもわずか数ミリなので決して目立つようなものではありませんし、ほとんどの方は傷跡すら残らない仕上がりになるものです。しかし、簡単な治療でるがゆえのリスク、問題点というのは存在します。このような問題点というのは当院でも絶対にない訳ではありませんが、仮に引き起こした場合でも速やかに対処し、できる限り早急に復帰できるよう誠実に対応しています。

■ ライン消失

瞼板を土台としてまぶたの皮膚とを糸で結んでいるだけですので、時間の経過で緩んでしまったり、糸の結び目が取れてしまったりすることでせっかく作った二重まぶたが一重まぶたに戻ってしまうことがあります。実際には糸の結び目が取れてしまうのではなく、皮膚との間にある結合組織が非常に柔らかいために裂けてしまいます。まぶたの皮膚そのものが厚い方は結合組織が厚いため取れやすいとお考え下さい。

■ 左右差

人は治療の有無に関わらず若干の左右差はあります。私たちはできる限りその左右差を少なくするように治療しています。術後に明らかな左右差を引き起こしてしまうのはライン消失の可能性が極めて高く、再手術(埋没法)によって容易に修正することは可能です。

■ 結び目の突出

糸を結ぶ際に出来てしまう結び目は0.2、0.3ミリ程度のものですが、皮膚が薄い方などはそれだけでも違和感を感じることがございます。そんな問題を引き起こさないようさまざまな取り組みを行っていますが、極稀に気になるという方がお見えになります。また、糸に対するアレルギー反応などでも結び目が表面化することもあります。その場合は再度埋没法を掛け直して修復します。

■ 眼瞼下垂

これは明らかな診断・判断ミスです。私たちはこういった状況を引き起こさないよう常に細心の注意を払い診療しています。


マイクロカット法の抜糸について

マイクロカット法の抜糸については自己都合によるものは費用が発生しますが、治療上必要とされるものについては費用の発生はございません。 他院で受けられた埋没法におけるライン修正による埋没糸の抜糸は費用が発生します。
埋没糸の抜糸は基本すべての糸を除去するようにしていますが、治療後の年数が長い場合や、特に他院での埋没法による抜糸については完全に取り除くことができない場合もございます。診察時に具体的なご提案と説明をさせて頂きます。

慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.