医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている目尻切開のご紹介

目尻切開というのは正式には外眼角形成もしくは、外眼角延長といって目尻を外側に広げて目の横幅を大きくする目の整形手術のことを言います。ただし、目尻の外側には眼窩骨の外縁があるため、無理に広げようと切開を加えても大きな変化を与えることができない場合があるため、治療適応の判断が非常に重要です。目尻切開は大きな変化を望む方には無効なケースもあり、しっかりとしたカウンセリングでの診断が大切なのです。

[ 目頭切開でできること・目尻切開の治療適応 ]

・目の外側を広げたい方      ・目の横幅を広くして目を大きくしたい方
・眼窩骨の外縁によっては2、3ミリの変化しか出せないことがある。

私たちの目尻切開

目尻切開の基本術式は横型のW型切開です。以下のイラストのような切開を加えて目の外側、横幅を広げる手術です。この手術の一番の問題は効果の持続と傷跡です。非常に後戻りしやすいのでその後戻りの工夫と、隠すことのできな傷をいかに目立たせないようにするかということが他との違いですし、私たちの責務だと考えています。

  傷を目立たせないよう細かな縫合と目頭切開。

目尻切開は隠せない表面部分を切開しますので、場合によっては傷跡で悩みを増やしてしまう可能性が非常に高いです。そのため傷跡目立たせないよう細心の縫合技術と皮膚を切開する際の正確性が要求される手術です。私たちは口コミでも評価されているよう徹底した傷跡ケアと自然な仕上がりに自信があります。

  術後の後戻りを起こさないような処置を徹底しています。

目尻切開は非常に後戻りをしやすい手術です。そのためいかに後戻りを最小現に抑えるかということがこの手術のポイントでもあります。私たちは目尻切開後の後戻りを出来る限り最小限に抑えるよう術直後からの固定に工夫を凝らしています。

  睫毛の欠損に対しアートメイクを施します。

目尻切開の問題のひとつに目尻が延長した部分の睫毛の欠損があります。わずか数ミリなのであまり問題視をしない医師も多いのですが、現実には睫毛の欠損部分というのは目立ちますし、気になるでしょう。慶友形成クリニックでは睫毛の欠損部分にアートメイクでアイラインを描き、自然な仕上がりになるよう仕上げています。

目尻切開 実際の方法
[ 慶友形成クリニックの目尻切開は丁寧な手術と術後の固定に工夫があります ]

まず始めに切開する部分のデザインをおこないます。次に切開部、切除範囲に応じて局所麻酔の注射をおこないます。麻酔が浸透し、効果が現れるまでしばらく待ちます。

麻酔の効果を確認し、皮膚を切開していきます。切開はデザイン通り、外眼角全層を切開します。結膜部は眼球結膜への移行部ギリギリのところまで切開を加えます。まぶたの上側、下側の皮膚と眼輪筋を切除します。十分な止血を確認し、問題がなければ外眼角の皮膚と眼輪筋を切除します。

上まぶた側の皮膚を縫合し、次に下側のまぶたの皮膚を丁寧に縫合します。最後に外眼角の皮膚と、結膜と合わさるように縫合します。一般的には皮膚を縫合した糸というのは短く切るのですが、慶友形成クリニックの目尻切開は術後の後戻りを少しでも抑えるように以下のイラストのように縫合固定している糸をさらに外側に広げてテープで固定します。

目尻切開後は軽い圧迫とアイシング(冷やします)のため少しお休み頂いて、止血状態を確認しご帰宅して頂きます。

目尻切開の術後の通院と注意事項について
[ 目尻切開の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

目尻切開後は特殊な固定方法で過ごしていただきます。この方法は術後の後戻りを少しでも抑えるために必要な処置です。抜糸は通常1週間後におこないますが、目尻切開の皮膚の縫合糸については7日後でかまいませんが、外側に引っ張っている中心部分の糸については2週間後の抜糸を推奨しています。
翌日は傷跡を目立たせない処置のためご来院いただきます。途中の経過を診させていただくために1ヶ月後の検診をさせていただきます。3ヶ月後に傷の状態と仕上がりの満足度を確認させていただき問題がなければ終了します。

[メイクについて]

ファンデーションなどは手術翌日から可能ですが、目尻部分には糸で固定していますから、できればメイクは控えて頂いた方が望ましいです。

[洗顔・洗髪について]

ファンデーションなどは手術翌日から可能ですが、目尻部分には糸で固定していますから、できればメイクは控えて頂いた方が望ましいです。

[アイシングの方法]

目尻切開後はご自宅でも少し冷やして頂くことを推奨しています。冷やし方については術後にお渡しする注意事項、冷やし方の冊子をご参照下さい。

目尻切開の費用と保証について
[ 目尻切開にかかる実際の手術費用のご案内です ]
目尻切開の実際の費用
手術費用324,000円
アートメイク(アイライン)54,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計387,720円(税込)
※すべて税込費用で表記しています。
目尻切開の仕上がり保証について

目尻切開の保証ですが、仕上がりの最終確認時に満足度を確認します。この時点で問題がなければその後後戻りをすることはまず有りませんので一旦終了とさせていただきます。ただし、その後何らかの問題を生じた場合は期間に関わらず対応いたしますのでご安心下さい。
ただし、一般的な老化による変化は違います。常識的なことですが、加齢によって目は弛みます。必然的に目尻にも弛みを生じますから、その場合はたるみの治療が必要になることはご理解下さい。

(術後の検診について)

抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。術後の検診は面倒がらずに是非お越し下さい。


目尻切開の問題点というのは、術後の後戻りや傷跡が挙げられます。しかし、こういった問題以外にもいくつかの起こりうる問題点というのはあります。慶友形成クリニックでは目尻切開のリスクや問題点を出来る限り抑えるようさまざまな取組みを行っています。

■ 結膜浮腫

目尻切開のトラブルで比較的多いのがこの結膜浮腫です。糸の固定の位置や広げた範囲が大きい場合に起こしやすいのですが、多くは眼球結膜下に起こります。自然治癒する場合は長くても3、4週間で引きますが、長期化する場合は一度、目尻の固定糸を解除する必要が有る場合もあります。

■ 傷跡が目立つ

結膜側のケロイド状の赤みや、切開線の傷跡など目尻切開の修正で訪れる方は後を絶ちません。中には修正困難という例もあるため目尻切開は何よりも切開、縫合の繊細さが重要なのです。慶友形成クリニックは必要に応じて顕微手術にも対応できますし、傷跡に対してのさまざまなケアを実践しています。

■ 睫毛欠損部の不自然

目尻切開で横幅が延長すると、延長距離に応じた長さ分だけその部分の睫毛はありません。もちろん、それが目尻切開の効果の現れなんですが、見た目に明らかな不自然さは否めません。慶友形成クリニックでは睫毛欠損部分、下瞼全体のアイラインをアートメイクで整えることができます。

■ 効果不足・満足度不足

目尻切開の効果不足というのは、2つあります。ひとつは手術内容の問題、手術の技術不足。もうひとつは治療適応外の方に目尻切開をおこなってしまった場合です。目尻切開の効果というのは眼窩骨の外側の距離や、外眼角に覆われている球結膜の長さに影響します。大切なのはどこまでの効果を希望しているか、今のまぶたの状態でどこまで延長できるかということを正確に伝えることです。状態によっては治療効果が少ない方もいますので、その効果については正確に伝える必要があるのです。


他院での修正手術について

他院で上眼瞼切開を受けられて修正手術をご希望の場合、修正時期というのが重要になることがあります。基本的には炎症などが完全に落ち着く3ヶ月から半年以降が再手術の時期ですが、腫れの程度や左右差のアンバランスなどによってはその期間に満たなくとも修正手術をおこなう場合もあります。

慶友形成クリニックではこれまで多くの修正手術を手掛けた経験から、さまざまな状態に応じた修復手術に対応できます。場合によっては待つだけ無意味な無駄な時間を過ごしてしまう方も少なくありません。これって失敗かもと思われるのならまずはご相談下さい。

慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.