医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている目頭切開のご紹介

目頭切開というのはまぶたの内側の皮膚(蒙古襞)を切除して、目の形状変化や大きさ(横幅)を広げる目の整形手術のひとつです。二重瞼の形状を並行型にする手術とも言われていますが、並行型にするにはなにも目頭切開が必ず必要になる訳ではありません。目頭切開というのはあくまで目を大きくする手術のひとつであるとお考え下さい。

目頭切開で目は大きくすることができる! □ 目を大きくしたい □ パッチリとした大きな目になりたい □ 目と目が離れているのを治したい方 □ 平行型のパッチリとした目元に変わりたい方 □ 鼻筋が通った印象に変わりたい方 □ 目の横幅を広げて大きくしたい方まぶたの悩みは…目頭切開であなたの望むまぶたに変わる。

私たちの目頭切開

目頭切開にはさまざまな術式があります。術式の違いというのは基本的には切開するデザインに違いによるものです。蒙古襞を切開・解除し、かぶさった皮膚を取り除いて内眼角を見せる目的に違いはありません。目頭切開で一番大切なのはデザインです。そのデザイン選択ひとつで効果と傷跡に雲泥の違いを生じてしまいます。慶友形成クリニックでは傷跡を出来る限り隠しながら、より広範囲の内眼角を表面化させる目頭切開をおこなっています。

  顕微手術による傷を目立たせない目頭切開。

目頭切開のトラブルに多いのが術後の傷跡です。中には修正困難な症例も少なくありません。慶友形成クリニックの目頭切開は顕微手術による切開の正確さと、縫合技術の繊細化によって目立たせない傷跡に整えます。

  多岐にわたるデザインによる仕上がりの自然さ。

切開するデザインひとつで仕上がりの自然さは大きく違ってきます。目頭の蒙古襞というのは堅さや厚さは人によっても大きく違いますし、二重の形状によっても違います。大切なのは目元の状態から如何に自然な流れに見せるかということ。慶友形成クリニックの目頭切開は多岐にわたるデザインで一番自然で美しい目頭切開を実践しています。

  目頭切開手術の痛みの緩和。

一般的な二重瞼の手術の麻酔というのは激しい痛みを感じることはありません。しかし、目頭部分のというのは過敏なエリアの一つで、麻酔の注射もより強く感じやすいものです。慶友形成クリニックの目頭切開は麻酔の痛みを緩和する治療を行っています。

目頭切開 実際の方法
[ 慶友形成クリニックの目頭切開は顕微手術でおこないます ]

目頭切開の方法ですが、多くの場合はZ形成術が適応されます。Z形成のメリットはやはり、傷跡を残しにくいということ、ケロイドなどのリスクがほとんどないことから、状態や希望する仕上がりにもよりますが、提案することが多いです。

(デザイン)

まず始めにデザインをおこないます。目頭切開はこのデザインで、仕上がりの形状、傷跡が違ってきますので、デザインには時間をかけて丁寧におこないます。個人差はありますが、何度もまぶたの開閉で皮膚の状態や形状の変化を確認しながらおこないます。

(局所麻酔)

麻酔の注射をおこないます。目頭部分に極細の注射針でゆっくりと麻酔薬を注射します。目頭切開の手術で痛みを感じるというのはこの麻酔の注射です。麻酔が効いてしまえば痛みを感じることはありません。極細の注射針を使っていますが、麻酔の痛みというのは針の太さだけではなく、麻酔薬の注射速度でも大きく違います。私たちは出来る限り痛みを感じないようゆっくりと注射しています。また、ご希望に応じて吸入麻酔を併用することも可能です。

(目頭切開手術)

麻酔の効果が十分現れたらデザイン通り皮膚切開をおこないます。Z型に皮膚を切開しますが、必要に応じて眼輪筋などの処理も丁寧におこないます。三角皮弁と呼ばれる皮弁を形成し、皮膚を入れ替えるようにして仮固定します。目頭切開の解除、ご希望の仕上がりの状態を確認します。必要に応じ余分な皮膚をトリミングして切除します。
傷を縫合して目頭切開を終了します。縫合については透明の糸を使うクリニックもあるようですが、私たちは柔らかさと太さの面から、透明のナイロン糸ではなく、体に一番優しい黒い糸で縫合しています。
術後は軽い圧迫とアイシング(冷やします)のため少しお休み頂いて、止血状態を確認しご帰宅して頂きます。

目頭切開における術後の腫れ・注意事項
[ 目頭切開の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

目頭切開の手術は広範囲に皮膚を切開するわけではありませんので、大きく腫れる手術ではありません。しかし、一般的に目頭切開単体での治療よりも、二重まぶたの手術と併用する複合手術が多いので、大きな腫れを引き起こしやすいとお考え下さい。術後より痛みなど苦痛を伴うような経過はありません。
当院の場合、傷跡を目立たせなくするため翌日の検診を推奨しています。翌日にご来院いただき傷の処置をおこないます。 抜糸は7日後で、1ヶ月後、3ヶ月後に傷の状態と仕上がりの満足度を確認させていただき終了します。

[メイクについて]

ファンデーションなどは手術翌日から可能です。マスカラなどのアイメイクについては抜糸の翌日から可能。

[洗顔・洗髪について]

目頭切開手術の翌日からは洗顔していただけます。翌日からシャワーも可能ですが、入浴は腫れを助長しますので、腫れが一定落ち着いてからとさせていただきます。

[アイシングの方法]

目頭切開後はご自宅でも少し冷やして頂くことを推奨しています。冷やし方については術後にお渡しする注意事項、冷やし方の冊子をご参照下さい。

目頭切開の費用と保証について
[ 目頭切開にかかる実際の手術費用のご案内です ]
目頭切開の実際の費用
手術費用216,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計225,720円(税込)

※すべて税込費用で表記しています。

目頭切開の仕上がり保証について

目頭切開の治療結果の保証ですが、カウンセリングでお話しさせて頂いて仕上がり、術前の相談で確認した仕上がりについてはきちんと保証、お約束させていただきます。仕上がりについては3ヶ月もしくは半年後の最終チェック時に確認させていただき、仕上がりに満足出来ていればその時点で一旦終了とさせていただきます。その後に何らかの症状があればいつでも診させて頂きますので特に期限などは設けておりません。

(術後の検診について)

抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。


目頭切開の問題点で一番多いのは「傷跡」です。蒙古襞による皮膚の解除をおこなったとしても開閉による皮膚の伸展などによって傷跡が出来やすい、残りやすいなどの問題を抱えています。また、目元の印象が大きく変わることもありますので目頭切開を受ける方はより慎重になることをお勧めします。

■ 傷跡、瘢痕

切開線部分というのは傷として残りやすいのできちんとした処置などの対応、内服コントロールが重要です。慶友形成クリニックでは傷跡に対する処置や内服コントロールにも力を入れており、術後のフォローも充実した体制を整えています。

■ 不自然さ・過剰な切開

目頭切開は過剰な皮膚の切開は不自然さを強調してしまう可能性もあるため十分な注意が必要です。当院に目頭切開の修正で来られる方の多くは過剰な切開によるもので、修正には困難を要することも少なくありません。リドレープや目頭再形成などで一定の修復は可能ですが、本来は修正をせず一度で済ませるべき手術です。


慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.