医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている埋没式眼瞼下垂のご紹介

埋没式眼瞼下垂というのは埋没法を応用した手法です。いろいろな方法が考案されていますが、当院では慶應式埋没眼瞼下垂を採用しています。この方法は皮膚の切除を不要とするため切開が極めて少なく、腫れなど日常生活への制限が短いというのが大きな特徴です。

埋没式眼瞼下垂の特徴!!□ 皮膚を切除しないため傷跡を残さない□ 自然で大きな二重まぶたにすることができる□ 目力をアップすることができる□ 眠そうな目をしっかりとした目にできる□ パッチリとした目元に整えることができる□ 腫れ・内出血が極めて少ない まぶたの悩みは 埋没式眼瞼下垂であなたの美しさをもっと表現します。

私たちの埋没式眼瞼下垂

埋没式眼瞼下垂というのは切りたくない、傷跡を残したくないという方にとっては非常に意味のある方法ですが、根本的に眼瞼下垂を治すことはできませんので治療に対する十分な理解が必要です。他の美容外科では挙筋前転法に変わる眼瞼下垂の手術と表現されているところもありますが、埋没式というのはあくまで簡易的な方法であることを知っておいて下さい。眼瞼下垂の手術で一番適切な方法というのは「挙筋前転法」以外にはありません。
腫れ、傷に対する考え方や、お仕事の都合などタイミング的に問題がある方にお勧めできる治療であって、根本的な眼瞼下垂の治療にはならないのです。

  自然な仕上がり、美しい二重まぶたをお約束します。

見た目の自然さというのは何よりも大切です。目を大きくしたいと望む方もいらっしゃいますが、過剰な開き具合というのは見た目の自然さを損ねてしまいます。私たちの眼瞼下垂は見た目に美しい、自然な仕上がりを大切にしています。ただし、術直後というのは若干オーバーに表現しています。それは概ね2週間程度でまぶたは下がるからです。

  傷跡を残さず、腫れの少ない埋没式眼瞼下垂をおこないます。

埋没式眼瞼下垂は何と言っても腫れの少なさ、傷跡を残さないという特徴を最大限生かすまぶたの整形手術です。数ミリの切開から糸を瞼板、挙筋にまで通すだけですので挙筋前転法など切開を加える眼瞼下垂と比べ腫れは格段に少ないとお考え下さい。また、傷跡も埋没法と同様ほとんど消えてしまいます。

  痛みを最小限に抑えます。

埋没式眼瞼下垂の手術における痛みというのは最初におこなう麻酔の注射です。この注射に工夫を凝らしています。使用する薬剤のPhを調整したり、穿刺痛を和らげるために極細の注射針(34G)を使うなど痛みの緩和に努めています。

埋没式眼瞼下垂の手術 実際の方法
[ 腫れの少なさ、自然な仕上がりに自信があります ]

ここでは埋没式眼瞼下垂の手法についてご説明します。少しずつ増えつつある埋没式眼瞼下垂ですが、当院では埋没式については慶應式の手法を採用しています。この手法は挙筋への負担が少なく、取れにくいというメリットがあります。しかし、見えない部分ですが、結膜側に糸の露出があります。しかし、この部分は眼球には一切関係ない部分ですので安全性には何ら問題を起こしません。

まず最初にデザインを行います。実際にシュミレーションをおこないご希望の二重まぶたの幅を確認します。このデザインによって仕上がりが決まります。埋没法に限ったことではありませんが、デザインですべてが決まるとお考え下さい。

次に麻酔の注射をおこないます。麻酔はまぶたの表面とまぶたの裏側に注射します。まぶたの裏側は目薬による麻酔も併用しますので、激痛となるようなことはありません。埋没法の麻酔は数分で終わります。

麻酔の効果が現れたら糸を通す部分に2ミリ程度の切開を加えます。そうして結び目の露出や皮膚の凹凸を起こさないよう細かく処理します。埋没式眼瞼下垂はこのような処置をするのとしないのとでは仕上がりに影響しますので、丁寧に仕上げていきます。

次に埋没法の土台となる瞼板に糸を通します。そうしてまぶたを裏返して挙筋側に糸を通していきます。結膜側から腱膜と瞼板との距離を短縮させるための糸をかけます。そうして、再び結膜側から瞼板に糸を通し、最初の穴から糸を露出させます。

最後に糸を結んで埋没式眼瞼下垂を終了します。

埋没式眼瞼下垂の手術が終了したら軽い圧迫とアイシング(冷やします)するために少しお休みして頂いてからご帰宅していただけます。

埋没式眼瞼下垂の術後の腫れ・注意事項
[ 埋没式眼瞼下垂の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

埋没式埋没法の腫れは4、5日程度です。ただし腫れと言っても大きな腫れではありません。コンタクトレンズの使用については3日後から装着可能ですが、結膜側に腫れを生じていることがあり、ズレやすく稀にゴロゴロとした異物感を感じる可能性があります。腫れが引けばそういった症状はすべて解消します。
もともと一重まぶたの人を二重まぶたにするわけですから、術後に違和感を感じます。その違和感というのは苦痛となるものではありませんし、通常、3、4日程度で感じなくなります。

[メイクについて]

ファンデーションなどは手術当日から可能ですがアイメイクは4日以降を推奨しています。

[洗顔・洗髪について]

埋没式埋没法当日は目元を洗うことはできません。目元以外は特に制限はありません。シャワーは当日から可能ですが、入浴については腫れが落ち着いた2、3日以降を推奨しています。

[アイシングの方法]

埋没式眼瞼下垂の術後はご自宅でも少し冷やして頂くことを推奨しています。冷やし方については術後にお渡しする注意事項、冷やし方の冊子をご参照下さい。

埋没式眼瞼下垂の費用と保証について
[ 埋没式眼瞼下垂にかかる実際の手術費用のご案内です ]
埋没式眼瞼下垂の実際の費用
手術費用324,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計333,720円(税込)

※すべて税込費用で表記しています。

治療費用には術後の保証などすべて含んでいます。埋没式眼瞼下垂の抜糸費用ですが、他院で受けられた埋没式眼瞼下垂の場合は54,000円となります。当院で受けられた眼瞼下垂についてはご相談に応じています。

埋没式眼瞼下垂の保証について

埋没式眼瞼下垂の術後の保証についてですが、術後1年以内のライン消失は追加費用なく無償で再手術を受けて頂けます。(お薬代や麻酔費用などの追加加算もございません。)埋没式眼瞼下垂の術後1ヶ月以降に仕上がりの状態を確認させていただき、ご希望の仕上がりを確認し一旦終了します。ご本人のご都合によるラインの変更は別途費用が発生します。
術後に何らかの違和感や問題が起こった場合は速やかにご検診にお越し下さい。当院で受けて頂いた埋没式眼瞼下垂によるトラブルに関しては期間に関わらず保証させていただきます。

(術後の検診について)

抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。

埋没式眼瞼下垂のメリット・デメリット
[ 埋没式眼瞼下垂手術方法はメリット・デメリットから選ぶことができる ]

埋没式眼瞼下垂は傷跡を残さないという点から、気軽に受けることができる眼瞼下垂の手術です。しかし、根本的な眼瞼下垂の治療とは違いますので、生理的な改善(偏頭痛や肩こり)は認められませんし、皮膚の弛みが強い場合は満足のいく結果を得られるとは限らないことは十分理解しておく必要があります。

[埋没式眼瞼下垂のメリット]
傷跡を残さない 目を大きくする 黒目を大きくみせることができる
二重瞼にできる



[埋没式眼瞼下垂のデメリット]
元に戻ってしまう可能性がある 術後の戻りを考慮するため2週間ほど不自然
[ 挙筋前転法と埋没式眼瞼下垂の比較 ]

眼瞼下垂の手術にはいくつかの方法があります。基本的には挙筋前転法のように根本的な手術を推奨します。しかし、ダウンタイムの問題など、受けることができるタイミングなども影響するでしょう。そのためそれぞれのメリットとデメリットを考慮し、自分が今受けるべき必要のある眼瞼下垂を受けるということもひとつの選択肢だと思います。


挙筋前転法 埋没式眼瞼下垂
見た目の自然さ
傷跡 ×
腫れ ×
効果の持続 半永久的 取れる可能性がある
皮膚の弛み 解消できる 解消できない
偏頭痛・肩こり ×

埋没式眼瞼下垂の問題点は大きくは2つあります。ひとつはあくまで糸で簡易的な治療であるため、いつ取れるかはわからないということ。もうひとつは術直後と比べ2割程度は必ず下がります。そのため2週間程度は過矯正といって少し多めに引き上げる必要があるんです。腫れや内出血が少ないというメリットはありますが、仕上がりの自然さについては2週間程度、不自然になる可能性があるため、総合的に考えると埋没式眼瞼下垂は望ましい手術とは言い切れない側面もあることを忘れないで下さい。

■ 左右差

眼瞼下垂の手術で比較的多いのが術後の左右差の問題です。まぶたを持ち上げる筋肉というのはその方の癖も影響しやすく、ほんのわずかなズレでも左右差につながることがあります。そのため仮固定から本固定への移行時にも細心の注意を払い丁寧に固定しています。何度も繰り返し開眼の確認をし、左右差の無い状態で仕上げています。ただし、極稀に術後に想定していない左右差を引き起こすことがあります。その場合は希望している片側に合わせて再度固定しなおすことで解消しています。

■ 必要な過矯正

ビックリ目、ギョロっとした目に対し不自然な感じを抱くでしょう。現実に眼瞼下垂の手術後のトラブルで多いのが、こういったビックリ目です。これは過矯正といって眼窩隔膜と瞼板との固定位置に問題があることが多く、基本的には正しい位置への再固定が必要となります。一時的な腫れということも稀にはあるでしょうが、基本的に腫れの強さによってビックリ目になることはほとんどありません。

■ 取れる可能性がある

眼瞼下垂の手術は強い腫れを引き起こします。それはまぶた全体に腫れを生じるケースもあれば、内部に強い腫れを起こすケース、もうひとつは切開ラインから睫毛側の皮膚にポヨンと膨らんだ浮腫・腫れです。全体的な腫れや内部の腫れについては長期化することはほとんどありませんが、切開線から睫毛の間の皮膚の腫れは長期化することがあります。また、無駄な長期化は皮膚の繊維化を招きやすく、半年や1年以上続くケースもあり、長期化を防ぐための対処も必要です。私たちは眼瞼下垂手術の腫れの長期化を防ぐために瞼板前組織の処理方法や眼輪筋の処理方法に工夫を凝らし、腫れを最小現に留める手術をおこなっています。


慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.