医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックの前額リフト

慶友クリニックで行っている前額リフトは2つの術式でおこなっています。皮膚の切除をおこなわない冠状切開による前額リフトと、おでこの皮膚を切除する皮膚切除による前額リフトです。おでこのたるみの状態とどこまでの仕上がりを求めるかであなたにとってベストな前額リフトをご提案させていただきます。

前額リフトはこんな悩みを解消できる!! □ まぶたのたるみによる三角目を解消できる □ おでこのしわを消すことができる □ おでこのたるみを取ることができる □ これからのたるみを予防できる □ 見た目年齢が大きく若返る □ 眉の位置を高く調整できる 老け顔、若返りの悩みは 前額リフトはあなたの望む若さと美しさを叶えます。

私たちの前額リフト

まぶたのたるみ、目元の若返りで相談にいくとほとんどの美容外科ではまぶたのたるみを直接取る上眼瞼切開や、眉毛下切開などまぶたの若返りを中心として治療の提案しかできません。もちろんそれも間違いではありませんが、まぶたのたるみというのはまぶたの皮膚だけではありません。おでこの弛みによって眉の位置も下がっているのです。
どこまでの仕上がりを求めるかということでも違いはありますが、おでこを含めた治療法が必要になることも有ると言うことを知っておいて下さい。
慶友形成クリニックでは直接的な瞼の若返りだけではなく、前額リフト、ブローリフトなど幅広い治療バリエーションによってあなたの願う若さを叶える技術があります。

冠状切開による前額リフト

頭髪内から切開し頭皮ごと切除しておでこを若返らせる方法です。傷跡は頭皮内なので目立つことはありません。しかし、頭皮を切除して引き上げるということはおでこが広がるため、元々おでこの広い方や頭髪が薄くなる可能性のある方には向いていません。
しかし、眉毛下垂やおでこのしわが深いケース、皮膚のたるみの強い方には非常に向いているフェイスリフトです。

冠状切開の切開部位 皮膚切除による前額リフト

皮膚切除による前額リフトは皮膚のたるみに合わせてしわも同時に切除することができるのが大きな特徴です。特に男性で前頭部が禿てしまう可能性の高い方や、女性でもともとおでこの広い方、冠状切開による前額リフトではしわの改善の見込みの乏しい方などにはこの前額リフトが望ましいでしょう。
ただし、冠状切開と比べ傷跡は目立ちやすいというデメリットはありますが、皮膚のたるみを劇的に変えることができますので非常に満足度の高いフェイスリフトのひとつです。

冠状切開の切開部位
前額リフトの手術 実際の方法
[ 私たちの前額リフトは自然な若返り、美しさを叶えるフェイスリフトです ]

慶友形成クリニックの前額リフトは傷を目立たせない自然な若返りを基本としたフェイスリフトです。さまざまな治療バリエーションからあなたに一番相応しいフェイスリフトをご提案させていただきます。ここでは前額リフトの中でも最も多い、皮膚切除による前額リフトをご紹介致します。

1)デザイン

皮膚切除による前額リフトのデザインは生え際のライン状を切開して余分な皮膚、弛んでいる皮膚を切除して引き上げますので頭皮の際は不自然になることがあります。状態にもよりますが、ヘアラインに合わせてデザインすることもありますが、あえてギザギザに皮膚を切開する場合もあります。切開ラインについてはカウンセリングで診察し、その方の頭皮の状態、おでこの広さなど総合的に判断し、適切な術式をご提案しています。

こめかみリフトの図式
2)麻酔

前額リフトは基本的に全身麻酔を推奨しています。全身麻酔というのは点滴から麻酔薬を注射し、完全に眠らせた状態でフェイスリフトをおこないます。途中で目が覚めたなど意識が覚醒することは絶対にありません。そもそも途中で覚醒するというのは全身麻酔ではありません。全身麻酔の場合、目が覚めたら完全にフェイスリフトは終了している状態ですので何ら心配はございません。

3)皮膚の切開と剥離

デザインに沿って皮膚を切開していきます。このデザインには細かな工夫があります。不自然な傷として残さないよう頭の形状、頭髪にあわせて自然な切開線を描きます。また、切開についても傷跡を目立たせないよう毛髪の角度などに注意しておこないます。基本的には少しの剥離と余分な皮膚を切除して取り除きます。

4)皮膚トリミングと縫合

皮膚を切除したら、十分な止血をおこないます。そうして皮膚を縫合し前額リフトは終了します。基本的にはドレーンなどは不要ですが、止血状況によっては1日だけドレーンと呼ばれる血を溜めない極細の管を留置することがあります。

前額リフトの術後の腫れ・注意事項
[ 前額リフトにおける術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

前額リフトを受けた翌日というのは一番腫れの強い状態です。おでこ周囲、目元周囲に強い腫れを引き越してしまいます。私たちは出来る限り腫れを抑えるようさまざまな工夫を凝らし最小限の腫れに抑える前額リフトを実践しています。前額リフトの翌日は必ず検診にご来院いただき、洗髪などの頭髪ケア、傷跡を目立たせなくする処置をおこないます。
前額リフトの術後の腫れは3、4日以降で少しずつ落ち着いてきます。概ね1週間後で7、8割の腫れは引いて2週間でほぼ仕上がりに近い状態を目標にしています。フェイスリフトの術後1、2日は腫れと内出血を予防するためにも冷やして頂きます。冷やし方については術後にお渡しする術後の過ごし方をご参考下さい。
抜糸については7日後に表面に見える部分の糸はすべて抜糸します。
前額リフトの検診ですが、1ヶ月、3ヶ月(半年でも可)後に経過を診させて頂く仕上がりの満足度、傷跡などをチェックし問題がなければ一旦前額リフトを終了としています。

[洗顔・洗髪について]

前額リフトの手術の翌日にクリニックで洗髪処置をさせていただきます。2日目以降は普段通りに行って頂けます。翌日からシャワーも可能ですが、入浴は腫れを助長しますので、腫れが一定落ち着いてからとさせていただきます。

[腫れ・内出血の予防]

前額リフトは広範囲の皮膚を剥離する手術ですから術後に強い腫れを引き越しやすいことが十分ご理解して頂けると思います。しかし、腫れや内出血というのは予防法で大きく経過は違います。専用のサージカルガーメントを使用していただきます。
前額リフトは広範囲の皮膚を剥離する手術ですから術後に強い腫れを引き越しやすいことが十分ご理解して頂けると思います。しかし、腫れや内出血というのは予防法で大きく経過は違います。専用のサージカルガーメントを使用していただきます。

前額リフトの費用と保証について
[ 前額リフトにかかる実際の手術費用のご案内です ]
前額リフトの実際の費用
手術費用756,000円
全身麻酔費用108,000円
初診料3,240円
血液検査費用10,800円
合計878,040円(税込)

※すべて税込費用で表記しています。

前額リフトの仕上がり保証について

前額リフトの保証についてですが、満足のいく結果までの完全保証です。もちろん細かな傷跡やリフトアップ不足など気になる点についてもすべて納得のいく結果まで保証しています。前額リフトの最終チェック時に仕上がりの状態、満足度を確認させていただき問題が無ければ終了です。
しかし、将来的になんらかの疑問、問題が発生した場合が仮に起こったとしても特に期限を設定することなく対応しますのでどうぞご安心下さい。

(術後の検診について)

抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。


前額リフトの手術で得られる効果は劇的な若返りです。成功すれば誰もがうらやむ若さと美しさを手に入れることができるのです。しかし、フェイスリフトにはそんな大きな効果・満足度とは裏腹に起こりうるリスクには重大なものもあることを知っておくべきなのです。私たちはフェイスリフトで起こりうるリスクを限りなくゼロにするよう細心の手術をおこなっています。

■ 傷跡の問題

前額リフトの傷跡というのは冠状切開の場合は気になることはほとんどありませんが、皮膚切開の場合は目立ちやすいので要注意です。慶友形成クリニックの場合、傷跡を目立たせないようヘアライン切開の工夫、術後の検診を充実させています。

■ 知覚障害

皮膚切開の場合は周辺の知覚は一時的に鈍くなったりすることがあります。そのため内服やその他の処置で回復を早めるよう努めています。冠状切開による前額リフトの場合、眼窩上神経外側深枝の損傷の可能性があるため非常に慎重に手術をおこなっています。こちらも一時的に鈍くなることが予想されますので、内服やその他の処置で回復を早めるよう努めています。

■ 上眼瞼の陥没

眉の位置を吊り上げることで上眼瞼が陥没する可能性があります。過剰な吊り上げによってそのリスクは高くなります。カウンセリングでどこまでの治療を希望しているのかを確認し、それに応じて前額リフトを行えば問題となることはありません。

■ 血腫・感染

前額リフトを含めたフェイスリフトの場合、避けて通れないのが血腫です。傷をオープンにしている訳ではありませんし、皮膚を剥がしていますので血腫を起こすと非常に厄介です。慶友形成クリニックではドレーン処置、術後の圧迫の工夫によって血腫のリスクを抑えたフェイスリフトを実践しています。


慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.