医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
美容外科の慶友形成クリニック神戸   各治療のご案内 > 腋臭の治療(吸引法)
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている腋臭の治療(吸引法)のご紹介

腋臭の手術というのはアポクリン汗腺をどれだけ除去できるかということで効果に顕著な差が出ます。そのため腋臭の手術にとって一番重要なことはいかに細かく丁寧に時間をかけてアポクリン汗腺を取り除くことです。腋臭の手術で言えることは時間と除去量は確実に比例するということを知っておいて下さい。もちろん、一番ベストな治療法というのは反転剪刀法であることに違いはないでしょう。しかし、反転剪刀法は傷跡や腕の挙上制限など日常生活への支障を伴いますので、いくら効果があるからといって誰もが気軽に受けることができる手術ではありません。
反転剪刀法の大きな問題点を克服した腋臭の手術が吸引法という手法です。数ミリの傷から皮下のアポクリン腺の層に進入し、特別な専用の吸引管を用いてアポクリン汗腺を吸い出して除去しますので、傷の心配をする必要もありませんし、外科的に皮膚を剥離する訳ではありませんので、腕の可動域の制限も非常に緩やかなのでどなたでも気軽に受けて頂ける腋臭の手術のひとつです。

私たちの腋臭の手術「吸引法」

腋臭の手術「吸引法」で大切なのは治療時間です。雑な短時間の手術では全く効果を感じることはできないでしょう。慶友形成クリニックの吸引法は使用する吸引管への工夫だけではなく、吸引時間を十分にかけて丁寧にアポクリン汗腺を除去しています。また、気になる傷跡についてもわずか数ミリの傷で済ませますので手術後に傷が気になる心配も一切ありません。

 用吸引管による汗腺除去効率を高めた吸引法

吸引法で確実な効果を出すために必要なこと、それは少しでも多くのアポクリン汗腺を除去することです。私たちは少しでも多くのアポクリン汗腺を除去できる吸引管に工夫を凝らしています。

 丁寧に時間をかけてアポクリン汗腺を効果的に除去します

吸引法の効果というのは治療時間に対し確実に比例します。時間をかければかけるほどアポクリン汗腺を効果的に除去できることは間違いありません。私たちは一人ひとりの腋臭の治療に十分な時間をかけ丁寧に汗腺を除去します。

 傷跡をほとんど残しません

私たちの得意とする腋臭の手術「吸引法」はわずか数ミリの切開でアポクリン汗腺の層に進入します。そのため傷跡をほとんど残さない状態で腋臭の手術を実践しています。

吸引法の実際の方法
[ 慶友形成クリニックの吸引法はアポクリン汗腺を効率よく除去することができます ]

腋臭の手術というのは直視下でアポクリン汗腺を除去する反転剪刀が一番優れていることに違いはありません。しかし、反転法は3、4センチの切開が必要になるだけでなく、術後のダウンタイムを大きいため誰もが治療に踏み込む前に躊躇してしまいます。その点吸引法はわずか数ミリの傷で治療できる上、大きなダウンタイムもないため腋臭の手術としては気軽に受けることができるのです。

まず始めにアポクリン汗腺が集中しているエリアにデザインをおこないます。次にそのデザイン内全体に麻酔薬を注射します。私たちは麻酔注射による痛みを軽減するために、麻酔薬の調合工夫、吸入麻酔の併用によって痛みを大幅に解消できるよう努めています。

麻酔の効果が浸透したら吸引管を進入させるために皮膚を2、3ミリ切開します。1カ所だけではありません。範囲にもよりますが、2、3カ所から吸引をおこないます。吸引管をアポクリン汗腺のある層に進入させます。この層が吸引法の結果に左右します。適当な層から吸引してしまうとアポクリン汗腺の除去量は著しく少なくありますので効果の低下につながりますので、この層(レイヤー)の決定が、吸引法の肝(きも)になるのです。

ゆっくり丁寧に時間をかけてアポクリン汗腺を吸引していきます。吸引管から出てくる組織にアポクリン汗腺を含んでいるか否かを細かく確認します。左右ともしっかりと吸引できたら手術は終了です。最後に吸引部分を生理食塩水というお水で内部を洗浄します。問題がなければ傷を縫合して腋臭手術「吸引法」を終了します。

術後から脇の部分にタイアップロールと呼ばれる圧迫用のドレッシング材を充てがい、患部を軽く圧迫します。ダウンタイムが短いといってもこういった処置は必要です。固定が終わったら少しお休みして頂いてからご帰宅していただけます。

吸引法の術後の注意事項
[ 吸引法の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

吸引法の術後の問題となるのはやはり安静です。反転剪刀法のように大きく皮膚を剥離するわけではありませんので固定などは比較的軽度ですが、全くフリーな訳ではありません。やはり、皮膚を吸引管で剥がす訳ですから一定の安静は必要ですし、腕の挙上制限も行う必要があります。 タイオーバーと呼ばれる脇の下の圧迫は4日間しっかりと行います。抜糸は1週間後で2週間目に腕の挙上や傷を診させていただくために検診を推奨しています。

[両腕の挙上について]

4日間は圧迫していますので、動かすのは控えていただきます。圧迫固定の除去後は少しずつ可動域を広げることができます。

吸引法の費用と保証について
[ 吸引法にかかる実際の手術費用をご案内させていただきます。 ]
吸引の実際の費用
手術費用378,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計387,720円(税込)
※すべて税込費用で表記しています。

治療費用には術後の保証などすべて含んでいます。小切開については基本的にはライン消失はありませんが、万一、ライン消失を起こしましたら遠慮なくお申し付け下さい。すべて保証内で再手術を含め対応させていただきます。腫れないための術後のケア・検診などもすべて治療費用に含んでいます。上記以外に請求される心配もございません。

吸引法の保証について

反転剪刀法とは違い吸引法の効果には完治というものはありません。現状よりも軽減させる効果を実感して頂けます。3ヶ月後の最終チェックの際に、効果・症状の状態を確認させていただき、治療効果、満足度を確認させていただき、問題がなければ終了ですが、万一、効果に満足できない場合は再手術などのご提案・実施をさせていただきますのでご安心下さい。

吸引法に向いている人・向いていない人
[ 腋臭の手術「吸引法」比較的軽度の腋臭に適した治療です。 ]

吸引法は術後に傷跡の心配を一切しなくてもよい腋臭の手術ですが、直視下でアポクリン汗腺を除去できる反転剪刀法とは違い、やはり効果は少なくなります。そのため劇的な変化や完治を希望される方には向いている治療ではありません。しかし、傷跡を残さない治療をご希望の場合は吸引法が適しています。

[吸引法に向いている人]

傷を残したくない方       ダウンタイムを長期に取れない方 比較的軽度の腋臭の方

[吸引法に向いていない人]

腋臭の完治を希望される方    重度の腋臭の方 多汗症の効果を望む方


吸引法の問題点はやはり効果についての問題です。腋臭の手術で一番効果的な手法は反転剪刀法で違いはありません。やはり、直視下でアポクリン汗腺を除去できるというのはどんな手法よりも優れているものです。しかし、広範囲に及ぶ切開線・剥離範囲ですので、皮弁の形成が難しく手術そのものは成功しても術後の安静が保てず、傷跡が目立ってしまう結果になることも少なくありません。そのため吸引法を選択するというのも現実的であり、決して無意味な腋臭の手術ではありません。ただし、効果については個人差も大きく吸引法に対するしっかりとした理解がないとトラブルを引き越しやすくなります。

■ 効果の実感が少ない・効果がない

反転剪刀法と比べ吸引法によるアポクリン汗腺の除去というのは直視下と比べると劣ることは間違いありません。そのためどれだけ丁寧に吸引するか、吸引管を挿入する皮下の層に相当の経験と知識が必要になります。残念ながら中には脂肪吸引と同じような感覚でワキガの吸引法を行う医師もいます。これではワキガの治療としては効果がないでしょうし、無駄な治療となる可能性が極めて高いのです。 吸引法で大切なのは丁寧に広範囲に吸引するのは当たり前ですが、吸引管を挿入する層(レイヤー)が効果を決定づける一因でもあるのです。私たちはこれまでの実績・経験から吸引法での効果的な層を容易に見つけ出し治療することができます。


他院での修正手術について

他院でワキガの手術を受けられて効果がなかったと思われる方は是非一度診察(カウンセリング)にお越し下さい。状態を診させていただき、再手術の必要性や効果、傷跡形成を含め総合的にアドバイスさせていただきます。また、治療効果が期待できない場合は再手術を勧めることはありません。ご安心下さい。

慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.