医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っているこめかみリフトのご紹介

目元のたるみというのは40歳を過ぎると顕著に感じる方が多いと思います。目元のたるみにはまぶたの皮膚そのもののたるみ、まぶたを持ち上げる筋肉のたるみやゆるみだけではありません。頬から目尻にかけてのたるみも目元のたるみを大きく関係しているのです。

こめかみリフトはこんな悩みを解消できる!! □ 目元のたるみを引き上げて解消できる □ 目尻のしわ、たるみを解消できる □ 上まぶたの外側半分のたるみを解消できる □ 見た目年齢が大きく若返る □ 目元全体が若返る 老け顔、若返りの悩みは こめかみリフトはあなたの目元を中心に若返らせることができます。

私たちのこめかみリフト

当院でおこなっているこめかみリフトは頭髪の中からおこなう方法と、生え際から切開して引き上げる方法の2つの方法を採用しています。頭髪量の多寡、皮膚のたるみの状態、ヘアスタイルなどさまざまな条件であなたにとって最も相応しいこめかみリフトを提案することができます。

  効果的なこめかみリフトで顔を若返らせます。

こめかみリフトは難易度の高いフェイスリフトではありません。しかも皮膚の切除幅や量で結果に大きな違いが出るものでもありません。こめかみリフトで大きな違いを生じるのは傷跡と将来的なたるみの予防なのです。こめかみリフトで大切なのは側頭筋膜の処理方法であると考えています。慶友形成クリニックのこめかみリフトは単に皮膚や脂肪などを取るだけではなく、側頭筋膜を縫縮することで直接短縮しますので、自然な若返りと、効果の持続延長を可能としています。

  最小限のダウンタイムへのこだわりと工夫。

こめかみリフトはフェイスリフトの中でも比較的ダウンタイムの短い手術です。慶友形成クリニックのこめかみリフトは丁寧な筋膜の剥離、繊細な縫合、術後のドレッシングを工夫することで術後の腫れを限りなく抑えるこめかみリフトを実現しています。お気軽にご相談下さい。

  傷へのこだわりとデザインへの工夫。

こめかみリフトの切開ですが当院では主に2つの方法でおこなっています。ひとつは頭髪の生え際を切開する方法、もうひとつは耳の直上をW型の弧状切開でおこなうこめかみリフトです。目尻側のたるみというのは人それぞれ違います。その方の状態、希望する仕上がりに応じてベストなこめかみリフトを提案、実施することができます。

  こめかみリフトの手術、術後の痛みを緩和します。

手術の不安のひとつに手術の痛み、術後の痛みについての心配があります。私たちは手術の痛みについては静脈麻酔や全身麻酔による治療ですべての痛みをコントロールします。術後の痛みについても内服で十分コントロールできますし、これまで術後の痛みの苦痛や不快で困ったという相談はございません。

こめかみリフトの手術 実際の方法
[ 私たちのこめかみリフトは自然な若返り、美しさを叶えるフェイスリフトです ]

当院でおこなっているこめかみリフトは、仕上がり効果の満足度だけではありません。自然さ、目立たせない傷跡が特徴です。また、こめかみの陥没、くぼみなどが気になる方などは脂肪注入やプロテーゼによるこめかみ形成も併用することが可能です。まずここでは当院でおこなっている一般的なこめかみリフトについてご紹介させて頂きます。

1)デザイン

こめかみリフトの切開デザインは2つあります。ひとつは生え際を切開する方法、もうひとつは耳の直上を弧状切開する方法です。どういった方向に引き上げるかということを十分診察し、よりリフトアップ効果に優れた方向性に合わせて切開線をデザインします。

こめかみリフトの図式
2)麻酔

こめかみリフトは基本的には局所麻酔でも対応できます。私たちは局所麻酔ひとつにもこだわりを持って治療しています。使用する薬剤に止血効果に有効な成分などを調合し、内出血の予防、腫れの予防と早期改善に努めています。しかし、痛みに対して不安な方や麻酔の痛みを一切感じたくない方などは、静脈麻酔や全身麻酔を併用することも可能ですのでお申し出ください。

3)皮膚の切開と剥離

デザインに沿って皮膚を切開していきます。このデザインには細かな工夫があります。不自然な傷として残さないよう毛髪の角度などにも工夫して自然な切開線を描きます。 切開が終わったら次に剥離する層を分けていきます。側頭頭頂筋と帽状腱膜を通り、浅側頭筋膜に達するまでおこないます。次いで浅側頭筋膜と帽状腱膜の間を剥離します。重要な神経が近くにありますが、この層による剥離であれば一切支障をきたすことはありません。

4)側頭筋膜の縫縮

剥離が終わったら側頭筋膜をリフトアップする方向に合わせて縫縮して長さを短縮します。これによって皮膚の切除だけではなく、深い層からのリフトアップが可能となります。

5)側頭筋膜の縫縮

しっかりとこめかみをリフトアップできたら余分な皮膚切除してトリミングして傷を縫合します。

こめかみリフトの術後の腫れ・注意事項
[ こめかみリフトにおける術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

こめかみリフトはフェイスリフトの中でも非常に腫れの少ない、ダウンタイムの短さが特徴です。そのため術直後から著しい腫れを生じることはありません。通常、3、4日で腫れは6、7割は落ち着き、抜糸の頃にはほぼ仕上がりに近い状態にまで落ち着かせます。 こめかみリフトの翌日は検診にご来院いただき、頭皮の洗髪と傷を目立たせなくする処置を受けて頂きます。私たちはやりっ放しの手術ではなく、術後の検診や処置などにも充実したケアを実践しています。
生え際切開の抜糸は7日後、有毛部切開の抜去については10日以降を推奨しています。こめかみリフトの術後検診は、1ヶ月、3ヶ月(半年でも可)後を推奨。最終チェックの際に仕上がりの満足度、傷跡などをチェックし問題がなければ一旦こめかみリフトを終了としています。

[洗顔・洗髪について]

こめかみリフトの手術の翌日にクリニックで洗髪処置をさせていただきます。2日目以降は普段通りに行って頂けます。翌日からシャワーも可能ですが、入浴は腫れを助長しますので、腫れが一定落ち着いてからとさせていただきます。

こめかみリフトの費用と保証について
[ こめかみリフトにかかる実際の手術費用のご案内です ]
こめかみリフトの実際の費用
手術費用540,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計549,720円(税込)

※すべて税込費用で表記しています。

こめかみリフトの仕上がり保証について

こめかみリフトの保証についてですが、満足のいく結果までの完全保証です。もちろん細かな傷跡やリフトアップ不足など気になる点についてもすべて納得のいく結果まで保証しています。こめかみリフトの最終チェック時に仕上がりの状態、満足度を確認させていただき問題が無ければ終了です。
将来的になんらかの疑問、問題が発生した場合が仮に起こったとしても特に期限を設定することなく対応しますのでどうぞご安心下さい。

(術後の検診について)

抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。


こめかみリフトは目元、目尻のたるみを引き上げるフェイスリフト手術です。腫れなどの問題が少なく非常に満足度の高い治療ですが、いくつかの問題点を引き起こす可能性はあります。慶友形成クリニックではそういったリスクと問題点を限りなくゼロに近づけた治療を提供しています。お気軽にご相談下さい。

■ 脱毛、抜け毛

こめかみリフトで問題となるのは術後の脱毛です。側頭部は術後の脱毛を非常に起こしやすい部位なのですが、有毛部の皮膚切開の角度や皮膚の剥離層を誤らなければ脱毛を起こすことはありません。

■ 顔面神経麻痺

生え際の切開では影響有りませんが、有毛部の切開となると剥離層を間違えると顔面神経側頭枝を傷つける可能性があります。私たちのこめかみリフトでは皮下脂肪層の剥離層をしっかりと守っていますので、顔面神経への影響は絶対にありません。

■ 血腫・感染

生え際の切開で起こしやすいのが、術後の血腫を形成することです。こめかみリフトの場合、軽い血腫であれば問題を起こすことはありませんが、色素沈着などを誘発する可能性があります。私たちは万一起こした血腫に対してもしっかりとしたケアもできますし、色素沈着の心配ないこめかみリフトを行っていますのでご安心下さい。


慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.