医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている顔の脂肪吸引のご紹介

顔の脂肪吸引は小顔効果、フェイスラインをシャープにする、若返るなど治療後はあなたのこれまでの印象を変えること無く、あなたの望む自然な美しさを手に入れることができます。慶友形成クリニックの顔の脂肪吸引は、あなたの望む美しさ、見た目の自然さだけではなく、術後の苦痛やダウンタイムを最小限に抑えることに最善の手法を用いています。顔の脂肪吸引を考えている方、考えたことはあるけれど怖くて断念した方、まずは私たちにご相談下さい。顔の脂肪吸引に対する不安や疑問を取り除きます。


顔の脂肪吸引の効果
顔の脂肪吸引の効果

小顔効果    たるみの改善     若返り
二重顎の改善   フェイスラインをスッキリとさせる

私たちの顔の脂肪吸引

私たちがおこなっている「顔の脂肪吸引」は老けさせない脂肪吸引です。顔の脂肪吸引は皮下脂肪を取るだけですが、手術後に老けた印象に変わってしまったなどのトラブルも少なくありません。それは過剰な吸引による皮膚の弛みだけではなく、吸引層の問題によるトラブルです。
吸引する皮下脂肪の層を分けて吸引することはもちろん、凹ませないような工夫をこらしています。

  弛ませない顔の脂肪吸引をおこないます。

顔の脂肪吸引でみなさんが心配されるのは術後の弛みでしょう。普通で考えれば脂肪が無くなればその分のボリュームが少なくなる訳ですから、痩せても弛んでしまうということは容易に想像できるものです。しかし、弛ませない脂肪吸引の方法もあるのです。それは脂肪の層に応じて適量とされる脂肪を吸引することです。多くの美容外科では深い層を中心に吸引するのですが、若い方であればたるみはほとんど起こすことはないでしょう。しかし、一定の年齢層以上の場合はほとんどの例で弛みを生じます。私たちが実践している顔の脂肪吸引は脂肪吸引の効果を高めることはもちろん、弛ませない浅層からの脂肪吸引を組み合わせることで顔の脂肪吸引のリスクを引き起こさないよう工夫しています。

  豊富な吸引カニューレによって操作性を高めています。

脂肪吸引で使用する吸引管というのはメーカーが限定しており、基本的にはどこの美容外科でも入手することはできるでしょう。しかし、私たちは吸引管を独自に制作してもらい、数種類の吸引管を使うことで皮下脂肪に対する操作性を高め、失敗のない顔の脂肪吸引を実践しています。

  顔の脂肪吸引は結果が全て。カウンセリングで約束した結果をお約束。

丁寧なカウンセリングあなたのお悩み、希望している仕上がりを確認し、その結果を導きだせるよう徹底したカウンセリングをおこなっています。カウンセリングでは図式を用いたりし、術後の仕上がりイメージに相違がないよう工夫をしていますので、治療結果には十分満足して頂けます。

  痛みを最小限に抑えます。

顔の脂肪吸引を受けようか悩んでいる方の心配事のひとつが手術の際の痛み、手術後の痛みでしょう。外科手術ですから痛みが全くないというのは嘘です。しかし、痛みを発生させないようさまざまな取り組みをおこなっています。私たちの顔の脂肪吸引は痛みを感じない、感じさせないことです。

  出来る限り腫れを抑え、ダウンタイムの短い顔の脂肪吸引を実践しています。

顔の脂肪吸引の腫れは吸引量、吸引範囲に比例します。しかし、だからといってどの医者がやっても同じ腫れになるかと言えば全く違います。それは吸引管の操作性も影響はしますが、術後の圧迫・ドレッシング技術によっても違います。私たちは出来る限り腫れを引き起こさないよう、腫れないような顔の脂肪吸引を手掛けています。

  傷を目立たせない技術を持っています。

顔の脂肪吸引は耳たぶの直下から吸引するので傷はほとんどわかりません。目出せる傷にはなりませんので傷を心配する必要性は一切ありません。

顔の脂肪吸引 実際の方法
[ 傷跡を残さず、老けさせないのが私たちの顔の脂肪吸引です ]

顔の脂肪吸引、頬の脂肪吸引というのは皮下脂肪を吸引して細くすれば、誰でも満足できるかというとそれは全く違います。吸引する皮下脂肪の量であっても同じこと。顔の脂肪吸引には老けてしまう脂肪吸引と、若返ったように変われる脂肪吸引があるのです。私たちができる顔の脂肪吸引は単に小顔にするだけではなく、10年先、20年先を見据えたものなのです。

頬・顎の皮下脂肪の特徴

顔の皮下脂肪というのは皮膚と薄い皮膚と密接しており、他の皮下脂肪の層と比べはるかに薄い。その上、皮膚も薄いため、基本的には深めの層の脂肪を吸い取らなければ皮膚表面がボコボコしてしまいます。また、深い層だけの皮下脂肪を吸引してしまうと皮膚のたるみのリスクがかなり高くなってしまいます。
顔の脂肪吸引はふくらはぎの脂肪吸引と同様、難易度の高い脂肪吸引のひとつです。

局所麻酔・チューメセント液の注入

耳たぶの直下に止血剤を混ぜて調合した麻酔薬を注射します。そうして吸引する範囲全体(頬、フェイスライン、顎下)にチューメセント液を浸透させていきます。私たちは脂肪吸引における痛みを少しでも緩和できるよう使用する麻酔薬、チューメセント液の配合だけではなく、注射の速度、薬剤の温度まで調整しています。十分麻酔が浸透し、チューメセント液の効果を引き出すために少し待ちます。一般的には麻酔が浸透したら直ちに脂肪吸引を開始しますが、私たちの手法では、数十分浸透させています。

脂肪組織を細かくほぐします

顔の脂肪吸引用に特別に作成した、脂肪分離バーで吸引部分の脂肪層、皮下脂肪をほぐします。麻酔が十分効いていますので一切痛みを感じることはありません。

顔・顎の脂肪を吸引します

極細の吸引管を使って顔の脂肪を吸引していきます。吸引カニューレの操作ミスは陥没やへこみの原因になりますので、慎重かつ丁寧に細かく吸引していきます。顔の脂肪吸引の場合は、小型のシリンジをその方に応じて工夫したシリンジ法で吸引します。吸引層は深層、中層、表層それぞれ細かく吸引しますので、たるみを引き起こさないように仕上げます。

さらに細かく丁寧に仕上げていきます

左右のバランス、仕上がりの形状を立体的に評価し、手術前のカウンセリングで決定した仕上がりになるまで整えます。仕上がりに満足できれば最後にチューメセント液、少量の出血を排出させて傷を縫合します。私たちの顔の脂肪吸引は1ミリ程度の穴ですので、状態によっては縫合しない場合もあります。顔の脂肪吸引は20年以上おこなっていますが、一切の問題を引き起こしたことはありません。ただし、吸引量や皮膚のダメージを判断し、1針だけ縫合することもあります。

術後の圧迫と固定

顔の脂肪吸引の術後のドレッシングははっきり言って他と比べると大掛かりです。しかし、それは腫れや内出血を抑えるためであって、決して後悔してしまうことではありません。一般的に術後のドレッシングは簡素化される傾向にありますが、術後の固定をしっかりすることは、腫れを抑える効果もありますし、なにより弛みを大きく予防してくれますので3日の我慢ですが、必ず満足と納得をして頂けます。

顔の脂肪吸引の術後の腫れ・注意事項
[ 顔の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

顔の脂肪吸引の腫れは当日の夜から翌日が一番のピークです。3日目の圧迫除去の際には概ね50%の腫れは引くようにしています。吸引量、吸引範囲にもよりますが、脂肪吸引の術後1週間で7、8割の腫れは落ち着くとお考え下さい。

圧迫の除去はご自身でも可能ですが、出来る限りご来院して外すことを推奨しています。7日後に抜糸が必要な方は抜糸をおこないます。その際、肌のコンディションを整えるためにイオン導入もしくは他のスキンケアを受けていただけます。1ヶ月、3ヶ月(半年でも可)後に経過を診させて頂き、問題がなければ終了です。

[メイクについて]

ファンデーションなどは圧迫を除去してから可能です。

[洗顔・洗髪について]

洗顔についてもメイクと同様、圧迫除去から洗顔していただけます。洗髪については術後の圧迫を濡らさなければ当日から可能です。

[アイシングの方法]

脂肪吸引後のアイシングですが、圧迫の上からおこなって頂きます。
冷やし方については術後にお渡しする注意事項、冷やし方の冊子をご参照下さい。

顔の脂肪吸引の費用と保証について
[ 顔の脂肪吸引にかかる実際の手術費用のご案内です ]
手術費用324,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計333,720円(税込)
※すべて税込費用で表記しています。
※治療費用には術後の保証などすべて含んでいます。

顔の脂肪吸引の仕上がり保証について

顔の脂肪吸引の仕上がりについてはきちんと保証制度があります。もちろん、1回の手術で終わらせることが当然なのですが、万一、吸引不足など気になる点がございましたら責任を持って対応しています。その際、再手術にかかる費用は一切追加することもありませんのでご安心下さい。
ただし、仕上がりについては3ヶ月もしくは半年後の最終チェック時に確認させていただきます。

(術後の検診について)

脂肪吸引後、抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。


顔の脂肪吸引には短期で消失する問題と、長期的な問題、過度の吸引による老けなどさまざまなリスクを引き起こす可能性があります。大切なのは顔の脂肪吸引で起こりうる問題点に対し、どこまで丁寧に対応・対策を施しているかということが鍵です。

■ 吸引し過ぎによる陥没、頬のコケ

顔、特に頬の脂肪吸引で多いトラブルが過度の脂肪吸引によるコケ。これは体質の問題ではなく、明らかに医師の技術的な問題です。こういったトラブルの修正は基本的には困難で、脂肪注入が修正の適応になるのですが、吸引した部分への脂肪は生着が低く複数回に及ぶ脂肪の移植が必要になることも少なくありません。
慶友形成クリニックの顔の脂肪吸引は術前の打合せで吸引部分を鏡で繰り返し確認していますし、起き上がった状態での位置確認もしていますので、陥没や吸い過ぎと言った問題を引き起こすことはありません。

■ 顔のたるみ

脂肪吸引の皮膚のたるみは付きものです。脂肪を取って顔のボリュームを落とす訳ですから、皮膚は必ず弛みます。大切なのは皮膚の伸縮性でどこまでの弛みを想定できるか、弛みやすいのかということを正しく判断することです。脂肪吸引後の顔のたるみは医師の技術的な問題もありますが、術後のドレッシングや圧迫・固定などでもかなり予防できるものです。一度弛んでしまったケースでは外科的に皮膚を切除しなければ治らないことが多いので十分注意が必要です。

■ 神経麻痺

顔の脂肪吸引の術後に起こりうる問題としては神経の損傷による知覚・感覚の麻痺や運動障害です。よほど不慣れな医師でない限り、未熟な医師で無い限り太い神経を切断することはないでしょうが、ダメージを与えてしまった場合、1、2ヶ月程度神経麻痺を起こることがあります。皮下の神経というのは見た目にはわかりませんので可能性はあるとお考え下さい。もし当院でこのような症状を引き起こした場合は、内服や高周波温熱療法、PRPによる回復治療を行い、早期の回復に努めていますのでご安心下さい。

■ 血腫

血腫というのは吸引量、吸引範囲によって強くなる可能性があります。血腫を形成した場合の回復には早い方で1週間程度、長い方でも3週間程度で回復します。私たちは術中の止血だけでなく、術後のドレッシングに工夫を凝らして血腫の予防に努めています。


慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.