医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている下眼瞼切開のご紹介

目の下の弛んだ皮膚を、切り取って引き上げるアイリフトとも呼ばれる下眼瞼切開で10年前のあなたに戻すことができます。多くの美容外科では切らない手法でリフトアップということを謳ってはいますが、現実に一度弛んでしまった皮膚が元に戻るなんてことはありません。やはり目の下のたるみというのは、皮膚そのものを切り取ってしまうしかないんです。

私たちの下眼瞼切開

目の下の皮膚を切るとなると一番心配されるのは「傷跡」だと思います。弛みが取れても傷が残ってしまったら弛み以上の悩みを抱えてしまうと手術に躊躇するのは当然のこと。もちろん、外科手術ですから傷が残らない訳ではありません。傷は残ります。しかし本当に目立たない傷にすることができるんです。私たちはこれまで多くの手術の中からいかに傷を目立たせないようするかということに注意をしてきました。縫合の丁寧さ、切開する際のメスの角度というのは当然ですが、それ以上に重要なのは切開ライン・デザインなのです。私たちの下眼瞼切開にはどこよりも傷跡を目立たせない技術と経験があります。

  傷跡を目立たせない手術をおこないます。

下眼瞼切開というのは傷を隠すことはできません。だからこそ手術の技術、切開ラインのデザインセンスが結果に大きな影響を与えます。

  確実に若返らせます。

弛んでしまった目の下の皮膚を切除する訳ですから確実な効果を実感していただけます。ただ、状態によっては皮膚だけのたるみではなく、眼輪筋など広範囲に及ぶ場合は筋皮弁も併用します。

  何より自然な若返りをお約束します。

外科手術での一番の問題は自然さです。たるみや形状が変わったとしても自然さがなければ下眼瞼切開は失敗です。いかにもという仕上がりには私たちは仕上げません。

下眼瞼切開の方法
[ 慶友形成クリニック神戸では皮弁法、筋皮弁、ハムラ変法多種多様の手術ができます ]

単に皮膚を切り取って縫い合わせるというスタイルの美容外科では一時的なたるみの解消にはつながりますが、効果の持続と、仕上がりの自然さに欠けた結果になってしまいます。慶友形成クリニック神戸では皮弁法(皮膚を切り取っる下眼瞼切開)、筋皮弁(皮膚を切り取って眼輪筋を固定する下眼瞼切開)、ハムラ変法(皮膚を切り取って、眼窩脂肪をスライドさせて固定する下眼瞼切開)のようにすべての手術方式を行えますので、自然な仕上がりと、効果の持続延長であなたの望む美しさと若返りをお約束します。

下眼瞼切開(皮弁法)

まつげの直下から弛んだ皮膚を切開し、弛んでいる余分な皮膚を切り取ります。多くの美容外科ではこのように皮膚の切除だけですが、私たちの下眼瞼切開はフェイスリフトのように皮膚を少し剥離して若返り効果とこれから先のたるみの予防ができるような工夫を凝らしています。また、眼窩脂肪に関しては必要に応じて取り除きますが、取り除く際も切開部分からではなく、下眼瞼脱脂と同様に眼窩下縁から別のレイヤーからアプローチして取り除きますので仕上がりの美しさに徹底してこだわっています。

(術後の経過と通院について)

手術直後は軽い圧迫とアイシングをして別室でお休みいただきます。止血状態を確認しご帰宅頂けます。翌日に傷跡を目立たせなくする処置をおこないます。下眼瞼切開後にテーピングを5日間おこないます。抜糸は7日後を推奨。状態によっては5日でも可能ですが、基本は7日を推奨しています。この時には腫れが7、8割は引いている状態です。1ヶ月後に経過観察のための診察。3ヶ月後に最終のチェックをおこないます。この時に傷の状態だけではなく、仕上がりの満足度を確認させていただきます。万一、何らかの問題があれば直ちに対応させて頂きます。

下眼瞼切開(筋皮弁法)

基本的には皮弁法と同じです。大きな違いは眼輪筋と呼ばれる目の周りにある筋肉を頬骨の骨膜に固定します。この固定は非常に厄介で、ほんの少しの位置の違いによって仕上がりの状態が一気に不自然な方向に向かう場合がありますので、下眼瞼切開の中で一番神経を使うポイントです。固定時に何度かお口を開けて頂き、表情による変化や外反(アッカンベーの状態)にならないかなど細心の注意をはらいます。

(術後の経過と通院について)

手術直後は軽い圧迫とアイシングをして別室でお休みいただきます。止血状態を確認しご帰宅頂けます。翌日に傷跡を目立たせなくする処置をおこないます。下眼瞼切開後にテーピングを5日間おこないます。抜糸は7日後を推奨。状態によっては5日でも可能ですが、基本は7日を推奨しています。この時には腫れが7、8割は引いている状態です。1ヶ月後に経過観察のための診察。3ヶ月後に最終のチェックをおこないます。この時に傷の状態だけではなく、仕上がりの満足度を確認させていただきます。万一、何らかの問題があれば直ちに対応させて頂きます。

下眼瞼切開(ハムラ変法)

皮弁法と同じです。私たちの行っているハムラ変法というのは眼窩脂肪を切除せずに、逆に引き出して眼窩下縁部に固定してしまいます。そうすることで目の下のくまっぽくなっている八の字の陰を消すことができます。筋皮弁のように眼輪筋を固定するかどうかは状態で判断しなくてはいけません。多くの美容外科医は固定することがルーチンになっているのですが、固定することで不自然な仕上がりになることもあるので確実な判断が重要です。また、皮膚を切除する必要が無い場合は裏ハムラといってまぶたの裏側(結膜側)からアプローチして、眼窩脂肪を固定することもあります。

(術後の経過と通院について)

手術直後は軽い圧迫とアイシングをして別室でお休みいただきます。止血状態を確認しご帰宅頂けます。翌日に傷跡を目立たせなくする処置をおこないます。下眼瞼切開後にテーピングを5日間おこないます。抜糸は7日後を推奨。状態によっては5日でも可能ですが、基本は7日を推奨しています。この時には腫れが7、8割は引いている状態です。1ヶ月後に経過観察のための診察。3ヶ月後に最終のチェックをおこないます。この時に傷の状態だけではなく、仕上がりの満足度を確認させていただきます。万一、何らかの問題があれば直ちに対応させて頂きます。

下眼瞼切開の術後の腫れ・注意事項
[ 埋没法の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

下眼瞼切開の腫れは大きな腫れは3、4日程度です。そこから徐々に腫れは落ち着いてきます。概ね7日で8割の腫れは引いています。
切開したラインの赤みは数ヶ月続きますが、時間の経過でほとんど目立たなくなってきます。

[メイクについて]

ファンデーションについては目の下にテーピングをしていますので、基本的には推奨しません。その部分を避けていただく分には翌日から可能です。アイメイクは抜糸の翌日から可能です。

[洗顔・洗髪について]

翌日から洗顔は可能です。洗顔後にはお渡しする消毒薬で傷部分を消毒していただきます。シャワーは当日から可能ですが、入浴については腫れが一定落ち着いてからが無難です。

[アイシングの方法]

下眼瞼切開の後はご自宅でも少し冷やして頂くことを推奨しています。冷やし方については術後にお渡しする注意事項、冷やし方の冊子をご参照下さい。

下眼瞼切開の費用と保証について
[ 下眼瞼切開にかかる実際の手術費用と仕上がりの保証・アフター保証についてのご案内です ]
下眼瞼切開(皮膚皮弁法)の実際の費用
手術費用324,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計333,720円(税込)
※すべて税込費用で表記しています。
※治療費用には術後の保証などすべて含んでいます。
下眼瞼切開の保証について

下眼瞼切開の保証についてですが、3ヶ月後の最終チェックで仕上がりの満足度を確認させていただきます。その際、気になる点などを確認し、万一修正などが必要であれば速やかに対処します。最終的には満足の確認を取らせていただき終了となります。術後に何らかの違和感や問題が起こった場合は速やかにご検診にお越し下さい。当院で受けて頂いた下眼瞼切開によるトラブルに関しては期間に関わらず保証させていただきます。


どんな手術であってもリスクや問題点というのは必ずあります。それは下眼瞼切開であっても同じです。大切なことはそういったリスクをしっかりと説明すること。そのリスクをなくす技術を持つことと工夫をこらすことが絶対に必要です。また、万が一引き起こした場合でもきちんとリカバリーできる技術が無くてはいけません。

■ 外反

下眼瞼切開の手術でもっとも大きなトラブルというのがこの外反と呼ばれるものです。外反というのは普段の状態でもアッカンベーになったままなので見た目にも不自然ですし、ドライアイを引き起こす非常に厄介なトラブルです。私たちはそういった外反を引き起こさないように切開デザインの工夫、リフトアップ方向の正確性、頬骨への固定位置を細かく調整しています。また、表情筋の動きに合わせた動作確認もおこない外反をさせない下眼瞼切開をおこなっています。他院で下眼瞼切開を受けた方の外反修正もおこなっています。お気軽にご相談下さい。

■ 内出血

下眼瞼切開の内出血というのは比較的軽度のものは3、4日で消えますが、大きな出血を引き起こすと血塊となり、吸収するまでにかなりの日数がかかる場合があります。私たちは術中の十分な止血だけではなく、術後の安静などによって内出血を出来る限り抑える下眼瞼切開をおこなっています。また、患者さんには負担となってしまいますが、術後のテーピングなどで内出血を抑えるドレッシングケアもおこなっています。

■ 腫れ

通常、下眼瞼切開は手術後2、3日は強い腫れを生じます。そうして1週間後には概ね8割程度の腫れが落ち着くものです。しかし、筋皮弁で頬骨の骨膜固定の位置に問題があったり、固定がきつすぎたりすると腫れの長期化を引き起こしたり、腫れが影響し外反につながる可能性が高くなります。私たちは術後の腫れを出来る限り抑えるよう手術の際の固定にこだわり、腫れを抑えるような工夫をこらしています。他院で下眼瞼切開を受けられ腫れが2週間以上も続く場合などは骨膜固定の解除、再固定が必要になることもあります。そういったトラブルにも対応していますので、不安な方は遠慮なくご相談下さい。

■ 目立つ傷跡

目の下の傷はもともと目立ちにくい場所のひとつです。しかし、下眼瞼切開の傷に悩んでいる方も少なくはありません。私たちは手術の技術テクニックだけではなく、術後の傷跡ケアに対しても充実した取組みをおこなっています。こういったさまざまな傷跡ケアを取り入れることでメイクで隠せない男性でも下眼瞼切開ができるよう対応しています。


慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.