医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている下眼瞼下制術のご紹介

下眼瞼下制術というのは下瞼の外側を切開して、下の位置に下げて固定することでたれ目の形成するまぶたの手術です。結膜側から切開してアプローチしますので、皮膚表面に傷を残さずにたれ目にすることができます。下瞼の形に変化を加えるために癒し系のイメージや優しい目元に変えることができるため密かに人気のある治療です。

[ 下眼瞼下制術でできること ]

・たれ目にすることができる       ・涙袋が強調されやすい、涙袋が大きくなる
・目を大きくみせることができる

私たちの下眼瞼下制術

下眼瞼下制術はグラマラスラインとも呼ばれていますが、基本的には同じ手術のことを言います。目尻側に向かってつり上がっている目元の方は下側+外側に広げることで丸みのある優しげな表情に変えることができます。下眼瞼下制術はまぶたの裏側から手術しますので、傷の心配はないのですが、過矯正による不自然な仕上がりやドライアイの悪化、眼瞼結膜や眼球結膜の浮腫など多くのトラブルを引き起こしやすい手術ですのでクリニック選びは慎重に行って下さい。

  眼球結膜、浮腫などのトラブルを引き起こしません。

下眼瞼下制術で多いのが、長期間に及ぶ結膜浮腫や眼球の浮腫です。起こす要因としては固定位置が不適切であったり、固定がきつすぎるなどです。私たちは自然な仕上がりに留めますのでこのような問題を引き起こすことはありません。

  自然な仕上がりを最優先する手術を行います。

下眼瞼下制術は過矯正をしてしまうと仕上がりが非常に不自然です。場合によっては表情までも制限しかねません。私たちの下眼瞼下制術は仕上がりの状態を自然な位置で終わらせるよう、限界点を見極めそれを正確に伝えることで自然さと美しさの双方を叶える下眼瞼下制術(グラマラスライン)をお約束します。

  逆まつげなどの問題を引き起こしません。

下眼瞼下制術は下瞼の位置を下げて固定しますので、表面の皮膚に余裕が出ることで睫毛の方向が内側に傾きます。そのため下眼瞼下制術の術後に逆まつげで悩んでいる方も少なくありません。慶友形成クリニックでは結膜処理を細かく調整し、表面の皮膚に緩みが出ても内側に傾かないようきちんと処理をおこないます。

下眼瞼下制術 実際の方法
[ 慶友形成クリニックの下眼瞼下制術は仕上がりの自然さに自信が有ります ]

まず始めに目の下側、外側の位置に麻酔の注射をおこないます。目頭側の注射と比べると痛みは少ないのですが、ほんの少しの痛みでも緩和できるよう麻酔薬などに工夫を凝らしています。また、下眼瞼下制術は術中の苦痛を緩和するために基本的には静脈麻酔、もしくは全身麻酔下で治療を行います。

次にまぶたの裏側(結膜側)を1センチ程度切開します。CPF(Capusuropal Pebral Fascia:カプスロパルベブラル筋膜)と呼ばれる少し固めの筋膜を探し出します。CPFを下に下げて(下制)瞼板に固定します。これを左右おこないご希望の仕上がりの位置でしっかりと固定縫合します。必要に応じて、粘膜や皮膚を切除することもあります。
結膜部分をトリミングして結膜縫合をおこないます。

下眼瞼下制術後は軽い圧迫とアイシング(冷やします)のため少しお休み頂きます。また、麻酔が完全に覚めてから、止血状態を確認しご帰宅して頂きます。

下眼瞼下制術の術後の通院と注意事項について
下眼瞼下制術の術後の通院と注意事項について

下眼瞼下制術の術後というのは見た目に大きな問題を引き起こす訳ではありません。腫れはありますので実際のしあがりとは違いますが、ほぼ仕上がりのイメージに近い状態であるとお考え下さい。
抜糸などは必要ありませんので、処置の必要な通院はありませんが、術後の効果を含め診察させていただきます。途中の経過を診させていただくために1ヶ月後の検診をさせていただきます。3ヶ月後に傷の状態と仕上がりの満足度を確認させていただき問題がなければ終了します。

[メイクについて]

ファンデーションなどは手術翌日から可能です。アイメイクに関しては1週間以降で可能です。

[洗顔・洗髪について]

ファンデーションなどは手術翌日から可能です。アイメイクに関しては1週間以降で可能です。

[アイシングの方法]

ファンデーションなどは手術翌日から可能です。アイメイクに関しては1週間以降で可能です。

下眼瞼下制術の費用と保証について
[ 下眼瞼下制術にかかる実際の手術費用のご案内です ]
下眼瞼下制術の実際の費用
手術費用432,000円
静脈麻酔54,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計495,720円(税込)
※すべて税込費用で表記しています。
下眼瞼下制術の仕上がり保証について

下眼瞼下制術の保証ですが、仕上がりの最終確認時に満足度を確認します。基本的には元に戻ることはありませんが、万一、元に戻るようなことがありましたら、無償にて再度固定させていただきます。また、何らかの問題を引き起こした場合も随時対応していますのでご安心下さい。 下眼瞼下制術は基本的に固定糸を解除することで元には戻せます。自己都合による抜糸をご希望の場合は別途費用(108,000円)が発生します。

(術後の検診について)

抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。術後の検診は面倒がらずに是非お越し下さい。


抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。術後の検診は面倒がらずに是非お越し下さい。

■ 結膜浮腫

下眼瞼下制術のトラブルで比較的多いのがこの結膜浮腫です。糸の固定の位置や広げた範囲が大きい場合に起こしやすいのですが、多くは眼球結膜下に起こります。自然治癒する場合は長くても3、4週間で引きますが、長期化する場合は一度、CPFの固定糸を解除する必要が有る場合もあります。

■ 下瞼の逆まつげ

下瞼の筋膜を下の位置に下げて固定すると表面の皮膚が内反側に傾きます。もちろん程度にはよりますが、他院修正で比較的多いのが逆まつげの症状改善です。慶友形成クリニックの下眼瞼下制術は過矯正を一切おこないませんし、逆まつげが想定される場合はきちんと処理をして下瞼を下制させますので、心配はありません。


他院での修正手術について

他院で上眼瞼切開を受けられて修正手術をご希望の場合、修正時期というのが重要になることがあります。基本的には炎症などが完全に落ち着く3ヶ月から半年以降が再手術の時期ですが、腫れの程度や左右差のアンバランスなどによってはその期間に満たなくとも修正手術をおこなう場合もあります。

慶友形成クリニックではこれまで多くの修正手術を手掛けた経験から、さまざまな状態に応じた修復手術に対応できます。場合によっては待つだけ無意味な無駄な時間を過ごしてしまう方も少なくありません。これって失敗かもと思われるのならまずはご相談下さい。

慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.