医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている下眼瞼脱脂のご紹介

下眼瞼脱脂とは目の下の眼窩脂肪を取り除く目元の若返り治療です。目の下の膨らみは疲労顔、老け顔の印象を与えやすいため、誰もが解消させたい症状のひとつで、多くの方が目元の悩みとして持っています。下眼瞼脱脂はそんな悩みを傷一つ残すこと無く解消できるので自信を持ってお勧めできる治療です。お気軽にご相談下さい。

私たちの下眼瞼脱脂

下眼瞼脱脂というのは目の下にある眼窩脂肪を取り除くことで、目の下のくまや膨らみを解消させる目元の若返り手術のひとつです。まぶたの裏側からアプローチするため皮膚表面に一切の傷を残さないというのがこの治療の大きなメリットなのですが、美容外科によって術式というのはさまざまで、眼窩脂肪を取り除くという目的は同じであっても仕上がりの結果に違いを生じる理由がさまざまあるということを知っておいて下さい。

  Pre-septalアプローチによる脱脂術で眼窩脂肪を取り除きます。

一般的な下眼瞼脱脂は結膜側から直接眼窩脂肪層に進入しますが、慶友形成クリニックの脱脂術はpre-septalアプローチといって眼窩下縁から眼窩脂肪層に進入するため非常に高い満足度を得て頂けます。

  凹みは絶対に作りません。

下眼瞼脱脂のトラブルで多いのが眼窩脂肪の取り過ぎによる目の下のくまの悪化。私たちの下眼瞼脱脂はPre-septalアプローチですので、取り除く最小量で高い効果を引き出すため、凹みは作りません。

  有効な複合治療だけをおこないます。

目の下のくまの原因は単一的な原因とは限りません。そのため他の治療との複合が有効なのですが、効果・安全性に無意味な治療が横行しています。私たちは確実な治療だけを厳選して提供しています。

  10年後のケアを考えた下眼瞼脱脂を実践しています。

老化によって目の下のたるみが起こった場合、皮膚を切除する下眼瞼切開が必要となる場合がありますが、慶友形成クリニックの脱脂術は他の治療法に一切影響を与えない術式で治療しています。

  肌表面に一切の傷を残しません。

すべて結膜側(まぶたの裏側)からアプローチしますので、皮膚表面に一切の傷を残しません。

下眼瞼脱脂の方法
[ 慶友形成クリニックの下眼瞼脱脂は腫れの少なさと高い効果に定評があります ]

ここでは下眼瞼脱脂の実際の手術についてご説明します。最近では専門性を謳っている美容外科も増えていますが、目の下に糸をかけて引っ張ったり、余分な操作をおこなうことでダメージを与えてしまい腫れが強くなってしまったり、眼窩脂肪への直下進入により、取り過ぎなどさまざまな問題を引き起こしていますが、私たちは目の下に負担となる操作をせず、Pre-septalアプローチによって腫れを最小限に抑え、凹みを作らない下眼瞼脱脂を実践しています。

まず最初に、点眼薬で表面の麻酔をおこないます。結膜というのは非常に繊細ですので点眼麻酔によって緩和しなければ術中や術後の涙が出やすく、わずかですがそれを苦痛に感じる方もお見えになるため実施しています。次に結膜側の消毒をおこないます。消毒といっても瞼専用の消毒液で洗い流すだけなので特にご心配はありません。ここまでが手術までの前準備になります。

結膜側、眼窩脂肪の部分に直接、麻酔の注射を施します。下眼瞼脱脂で何が一番痛いかというのはこの麻酔の注射です。よく歯医者さんなどで麻酔をされた経験はあると思いますが、実際には歯科の麻酔よりも痛みは少ないのでご安心下さい。麻酔が効いてきたからいよいよ脱脂術の開始です。軽く目を閉じた状態で上を見て頂く練習をします。

瞼を軽く裏返して(アッカンベー)の状態で治療していきます。結膜から進入しますが、当院の下眼瞼脱脂は直接進入ではなく、Pre-septalアプローチですので、ここから眼窩下縁に進入し、眼窩脂肪を露出させます。この技術はマイクロサージャリーの経験があるからできる私たちだけの技でもあります。直接進入の場合、結膜側から脂肪を除去するため、眼窩脂肪の除去に正確性が失われ、凹んでしまったり、取り残しが出やすくなるというデメリットがあります。また。Pre-septalアプローチは残存脂肪を眼窩下縁に放置するため、目の下の膨らみと、陥没との境によって形成される目の下のくまに最も適した治療であると考えます。

露出させた眼窩脂肪を適切な量だけを除去していきます。その際の注意点ですが、眼窩脂肪というのはいくつかのブロックで存在しているため、一カ所だけの除去ですと思っている以上の効果が出ないだけではなく、部分的陥没など不自然な状態ともなるため、その方の膨らみの状態に合わせて広範囲に除去していきます。

左右のバランス、除去量、実際の効果を確認し、症状の解消が確認できたら、傷を閉じます。その際、縫合は不要ですが、早期にコンタクトの装着をご希望の方は別途費用が発生しますが、縫合することも可能です。

最後に鏡でチェックしていただき、仕上がりの状態を見て頂きます。目の下のくま、膨らみの程度にもよりますが、基本的にはほぼ仕上がりの状態となりますので、効果についての不安は払拭していただけます。
下眼瞼脱脂の手術が終了したら軽い圧迫とアイシング(冷やします)するために少しお休みして頂いてからご帰宅していただけます。

下眼瞼脱脂の術後の腫れ・注意事項
下眼瞼脱脂の術後の腫れ・注意事項

下眼瞼脱脂の腫れについては、術後、2、3日は軽いむくみのような腫れを生じます。大きな著しい腫れというのは生じませんのでご安心下さい。コンタクトレンズのご使用は5〜7日は控えて頂きます。ただし、当日からのコンタクトをご希望の場合は結膜縫合することで対応できますのでお申し付け下さい。痛みについては術直後からほとんどありません。

[メイクについて]

ファンデーションなどは手術当日から可能ですがアイメイクは7日以降を推奨しています。

[洗顔・洗髪について]

当日から洗顔、シャワーは可能です。入浴については2、3日程度控えて頂いた方が無難です。傷口の消毒は不要ですが、お渡しする点眼薬は指示通りにお使い下さい。

[アイシングの方法]

下眼瞼脱脂の後はご自宅でも少し冷やして頂くことを推奨しています。冷やし方については術後にお渡しする注意事項、冷やし方の冊子をご参照下さい。

下眼瞼脱脂の費用と保証について
[ 下眼瞼脱脂にかかる実際の手術費用と仕上がりの保証・アフター保証についてのご案内です ]
下眼瞼脱脂の実際の費用
手術費用270,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計279,720円(税込)
※すべて税込費用で表記しています。

治療費用には術後の保証などすべて含んでいます。下眼瞼脱脂については一度除去した脂肪は再発することはありません。万一、取り残しなどがありましたらすべて保証内として無償で再手術を受けて頂けますのでご安心下さい。

下眼瞼脱脂の保証について

下眼瞼脱脂についての保証ですが、再発はありませんので、3ヶ月もしくは半年後の最終チェックで一旦終了します。万一、取り残しがあった場合はすべて無償で対応致します。
眼窩脂肪というのは一度取り除いたら再発することはありません。しかし、常に老化は進行していますから、数年後に皮膚のたるみや眼球の重みによる圧迫が加わって再び膨らみが出てきた場合は、割引料金で下眼瞼脱脂を受けて頂けます。

複合治療の是非
下眼瞼脱脂の術後の腫れ・注意事項

下眼瞼脱脂について専門性を強調する美容外科の多くは、他の治療との複合治療を推奨しています。もちろん複合治療も状況によっては必要な場合もあるでしょう。しかし、それが本当に患者さんにとってメリットとなるか否かというのは非常に疑問なのです。ここでは私たちが考える目の下のくまの治療についてお話します。

(採取した脂肪の再利用)

下眼瞼脱脂で採取できる眼窩脂肪の量というのは平均的には0.5mlに満たない量です。もちろん多い方などは1ml近くの眼窩脂肪を採取できるでしょう。採取した眼窩脂肪を細かく分散させて、陥没している部分に注射するいわゆる脂肪注入ですが、私たちがおこなっているPre-septalアプローチの場合はまさにその周囲になるため、同時の複合治療は向いていません。脂肪注入で大切なのは生着です。炎症を引き起こしている部分への脂肪注入はほとんどが生着しません。無意味な治療を提供することに抵抗があるのです。もちろん、やってできない訳ではありませんが、現実的な効果を考えると推奨できる治療ではありません。本当に脂肪注入が必要なのであれば、下眼瞼脱脂による内部の炎症が落ち着いてから脂肪注入(単一胞脂肪移植)をご提案しています。

(PRPや成長因子の注入)

もともと当院ではPRPを用いた治療はおこなっていません。それは実際の効果、満足度が非常に低い治療であるからです。残念ながら美容外科医の多くはPRP単体の効果に疑問を持っています。結局のところ患者さんの満足度を得るために、PRP単体の治療ではなく、成長因子やヒアルロン酸などを混ぜて擬似的に効果があったように見せかけている治療ですので意味がある治療とは言いがたいものです。あたかもそれを再生医療と読んでいるところもあるようですが、再生医療とは全く違う治療ということを知っておくべきでしょう。

(ヒアルロン酸の注射)

ヒアルロン酸注射は目の下の陥没を補填させるには非常に有効ですし、安全性も極めて高く患者さんの満足度は非常に高いです。しかし、下眼瞼脱脂と同時・同日に治療することは決してお勧めはしません。もちろん、ダウンタイムなどのことを考え希望される方には施しますが、ヒアルロン酸についても炎症部分への注入は吸収を早める可能性があるからです。もちろん、可能性の問題ですから絶対にや、具体的にどの程度早まるか?というのは明確にはできませんが、炎症による早期吸収というのは十分にあり得ることなのです。

このように私たちは保守的な考え方かもしれませんが、医学的根拠を元に考えると複合治療が果たして患者さんのメリットにつながるか?ということに対して疑問を生じています。ダウンタイムの問題などから複合治療を同日におこなう場合もありますし、ご要望があればもちろん対応はしますが、そういったデメリットについても十分ご理解して頂く必要がございます。複合治療があたかもベストな選択肢ではないということをみなさんには知っておいてほしいのです。

下眼瞼脱脂のメリット・デメリット
[ 下眼瞼脱脂は治療適応を総合的に判断しなくては満足できない治療です ]

下眼瞼脱脂というのは表面に一切の傷を残しませんし、目の下のくまやたるみ、膨らみを解消できる治療としてはなによりも素晴らしい治療であることに違いはありません。しかし、そんな下眼瞼脱脂にも治療におけるメリットとデメリットがあるのです。治療といのはメリットだけではないということを十分に知っておいて下さい。

[下眼瞼脱脂のメリット]

皮膚表面に一切傷を残さない ダウンタイムが非常に短い、ほとんどない
膨らみを確実に取り除くことができる 基本的には再発しない
万一、取り残しがあったとしても修復は非常に容易

[下眼瞼脱脂のデメリット]

内出血の可能性がある(極稀なケース) 皮膚の弛みまでは解消できない
皮膚の弛みが強いとしわが深くなる可能性がある
老化によって別の箇所からの脂肪が出てくる可能性はある

(下眼瞼脱脂のデメリットをなくすために)

内出血についてですが、術中の止血を十分に施すこと、すべての方で治療後のアイシングと安静を促すことで内出血の可能性を減らしています。皮膚のたるみや、しわが深くなるケースにおいては線維芽細胞移植を併用したり、ヒアルロン酸メソ・ナパージュを併用することで解消しています。最後に加齢によって奥深くからの眼窩脂肪の流出についてはいくらPre-septalアプローチと言えど防ぐことは難しいです。しかし、線維芽細胞移植によって皮膚に厚みを増して予防することもできますし、スキンケアで一定の効果を得て頂けます。しかし、最終的には再度、下眼瞼脱脂を行うことで改善させることはできるのです。


下眼瞼脱脂の治療で起こりうる問題点というのは、将来的に悪影響を及ぼすものとしては眼窩脂肪の取り過ぎによる凹み。一時的な問題である内出血です。腫れが長期化することもありませんし、傷が残ってしまったり傷跡が醜くなるなどの心配はありません。基本的には取りすぎなければ何ら問題を引き起こさない安全な治療が下眼瞼脱脂の特徴でもあるのです。

■ 過剰な脂肪除去による凹み

下眼瞼脱脂の一番の問題というのは過剰な眼窩脂肪の取り過ぎによる目の下のくぼみです。眼窩脂肪というのは一度取りすぎてしまうと修復するのは困難で、脂肪注入や補填材を使って溝を埋める治療しかありません。厳しい言い方をすれば取り過ぎは失敗なのです。逆に考えれば控えめな治療というのは安全で修復が容易ということになるのです。

■ 効果に満足できない

下眼瞼脱脂というのはどんな状態の方であっても絶対に満足できる治療ではありません。治療適応がありますし、その方の仕上がり、どこまでのゴールを目指すのか?ということでも治療の適応判断に違いを生じるのです。それは眼窩脂肪の突出だけであれば下眼瞼脱脂で十分な効果を実感して頂けますし、満足度も高いでしょう。しかし、目の下のくまというのはさまざまな原因が重なっていることが多く、単に眼窩脂肪が出ているだけではありません。多くの場合、皮膚のたるみによる皮膚のへこみもあれば、メーラーファットの下垂、垂れ下がりによるくぼみを併発していることもあるのです。その場合、いくら膨らみがあるからといって眼窩脂肪を取り除いても目の下のくまの解消は完全ではなく、ある程度は残ってしまうことも少なくありません。


慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.