医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている上眼瞼切開のご紹介

上眼瞼切開は希望している二重瞼のライン上を広範囲に切開して、確実な癒着を起こして取れない二重瞼を形成する外科手術のひとつです。まぶたを切開するリスクと引き換えに一生取れることのない二重瞼を手に入れることができます。しかし、切るということで抵抗感のある方が多いのですが、一時的なダウンタイムを除いては非常に優れた二重瞼の形成術であることを知っておいて下さい。

私たちの上眼瞼切開

誰だって皮膚を切開する上眼瞼切開よりは、埋没法などのように切らない二重瞼の手術の方が良いでしょう。しかし、埋没法などは治療適応が限定され全ての方に向いている、誰でも適している二重瞼の手術ではありません。その反面、上眼瞼切開はどんなタイプのまぶたにも向いているのが大きな特徴です。その上、一度手術を受ければ一生取れることのない二重瞼を手に入れることができるのです。埋没法で取れる可能性のある不安な生活を送るよりも、一生に一度切りの手術と腹を決め手術に望む方に向いています。
そんな方のために安心して治療を受けることができるよう私たちは最高水準の治療技術と、充実した術後のケア・フォローであなたのキレイをサポート致します。


  自然な仕上がり、美しい二重まぶたをお約束します。

上眼瞼切開、切る二重瞼の手術で心配なのは傷もそうですが、それ以上に不安を抱えるのは自然に仕上がるかということ。私たちはまぶたの折り返しを自然な位置になるよう固定位置に工夫を凝らしています。

  カウンセリングで確認した仕上がりをお約束します。

徹底したカウンセリングであなたの希望をお聞きし、その仕上がりに整えることが切開法では絶対条件です。カウンセリングには十分な時間をかけてあなたの望みをお伺いします。

  傷を目立たせない手術、術後ケアを実践しています。

上眼瞼切開一番のデメリット傷跡。私たちは二重瞼の手術の中で一番傷跡に対し気を使う手術です。切開線はもちろん、メスの刃先角度までこだわるのは勿論、術後検診で傷のケア・処置まで実践しています。

  手術の痛みを最小限に抑えます

二重瞼の手術の痛みは麻酔の注射です。痛みに敏感な方であっても安心して治療できるよう私たちは麻酔薬のPhを調整したり、吸入麻酔を併用したりし、痛み・苦痛に対する緩和手術を実践しています。

  長年培ってきた技術は確実に仕上がりに影響します。

上眼瞼切開はどこの美容外科で受けることはできるでしょう。しかし、その結果はどこでも同じじゃありません。それは長年の実績と指導医としての技術に差があるのです。

上眼瞼切開の方法
[ 傷を目出させない上眼瞼切開を受けて頂けます ]

ここでは私たちが行っている上眼瞼切開の一連の流れ・方法についてご説明します。切る二重瞼の手術というのはほとんどの美容外科で行われているでしょう。その違いはどこに出るでしょう。それは仕上がりの自然さ、目立たない傷、術後の腫れの少なさ。同じ上眼瞼切開と呼ばれる手術であっても格段の違いを表すことができます。注目される、良い言葉だけを並べても美容外科は結果が全て。大切なのは何よりも患者さんの満足度です。

切開する二重瞼の手術というのは埋没法とは違い、何より慎重にしなければいけませんし、患者さんのほうも仕上がりのイメージをしっかりと持たなくては結果に満足はできません。私たちはカウンセリングに十分な時間をかけ、シュミレーションを繰り返し、あなたの望む仕上がりを確実に見極めます。

まず最初にデザインを行います。実際にシュミレーションをおこないご希望の二重まぶたの幅を確認します。このデザインによって仕上がりが決まります。上眼瞼切開に限ったことではありませんが、美容外科の仕上がりというのはデザインですべてが決まります。デザインが終了したら次に麻酔の注射をおこないます。麻酔は切開するまぶたの表面全体に注射でおこないます。


麻酔の効果が現れたらいよいよ皮膚を切開していきます。切開する場所は希望している二重瞼のライン状を切開します。皮膚に弛みがある場合は皮膚の切除範囲を決めて皮膚の切除も同時におこないます。皮膚の切開が終わったら次は眼輪筋や瞼板前の結合組織を除去していきます。厚ぼったいまぶたの方の場合は広範囲に切除することでまぶたそのものの厚みを減らし、スッキリとした仕上がりになるよう整えます。


瞼板を露出させて糸を通す準備をおこないます。そうして十分な止血をおこない術後の内出血の予防をしておきます。丁寧な止血処置などは術後の内出血を大幅に抑えてくれます。組織が取り終わったら二重瞼を固定するための縫合に入ります。この部分が上眼瞼切開で一番神経を使うところです。少しでも予定ラインからズレれば不自然な二重瞼になりかねませんし、何より傷が汚くなってしまう可能性があるからです。


瞼板部分とまぶたの皮膚に糸をかけて二重瞼の位置を固定します。何度も目の開閉をおこないバランス、自然さなど細かくチェックします。問題がなければ数カ所に固定します。これまでの方法を左右、両側におこない左右のバランスなど総合的に問題が無いか確認します。最後に問題がなければ傷を縫合して上眼瞼切開を終了します。

最後に鏡でチェックしていただきますが、上眼瞼切開の術後は腫れを生じます。また、皮膚の折り返しも新しく設定されますので、不自然な仕上がりとなっています。仕上がりまで期待してお待ち頂きます。

上眼瞼切開の手術が終了したら軽い圧迫とアイシング(冷やします)するために少しお休みして頂いてからご帰宅していただけます。

上眼瞼切開の術後の腫れ・注意事項
[ 上眼瞼切開の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

上眼瞼切開の術後の大きな腫れは3、4日続きます。そうして少しずつ腫れが落ち着き、7日目の抜糸の頃には7、8割の腫れは引いている状態です。慶友形成クリニックでは翌日の検診を推奨しています。上眼瞼切開の翌日に傷跡を目立たせなくするケアをさせていただき、将来的な傷跡を少しでも抑えるようにしています。
術後の痛みというのはほとんどありません。仮に痛みを引き起こしたとしても内服で確実に落ち着くものですのでご安心下さい。 上眼瞼切開には抜糸が必要です。5〜7日後に抜糸のためにご来院いただきます。最終的な仕上がりは3ヶ月後です。最終的な仕上がりまでに術後1ヶ月目にもご来院頂くことを推奨しています。3ヶ月目の最終チェックで状態と、仕上がりの満足度を確認し問題がなければ終了です。

[メイクについて]

ファンデーションなどは手術当日から可能ですがアイメイクは抜糸後を推奨しています。

[洗顔・洗髪について]

当日から洗顔は可能です。お渡しする消毒薬で傷を消毒して下さい。消毒方法など細かな注意点は術後にお渡しする用紙にすべて記入してありますのでご安心下さい。シャワーは当日から入浴は腫れが落ち着いてから可能です。

[アイシングの方法]

上眼瞼切開の後はご自宅でも少し冷やして頂くことを推奨しています。冷やし方については術後にお渡しする注意事項、冷やし方の冊子をご参照下さい。

上眼瞼切開の費用と保証について
[ 上眼瞼切開にかかる実際の手術費用と仕上がりの保証・アフター保証についてのご案内です ]
上眼瞼切開の実際の費用
手術費用324,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計333,720円(税込)
※すべて税込費用で表記しています。

治療費用には術後の保証などすべて含んでいます。上眼瞼切開については基本的にはライン消失はありませんが、万一、ライン消失を起こしましたら遠慮なくお申し付け下さい。すべて保証内で再手術を含め対応させていただきます。腫れないための術後のケア・検診などもすべて治療費用に含んでいます。上記以外に請求される心配もございません。

切開法の保証について

切開法の術後の保証についてですが、術後のライン消失は追加費用なく無償で再手術を受けて頂けます。(お薬代や麻酔費用などの追加加算もございません。)ただし、ご自身の希望によるライン変更、修正については再手術費用が発生します。ただし、基本は取れません。
術後に何らかの違和感や問題が起こった場合は速やかにご検診にお越し下さい。当院で受けて頂いた上眼瞼切開によるトラブルに関しては期間に関わらず保証させていただきますのでどうぞご安心下さい。

上眼瞼切開のメリット・デメリット
[ 上眼瞼切開はどんなタイプのまぶたにも施術できる二重瞼の整形術です ]

上眼瞼切開というのは永久的に取れることのない二重瞼の手術です。そのため取れないというメリットもありますが、傷を残すというデメリットもあります。さまざまなメリットとリスクを考慮し上眼瞼切開を受けるか否か十分検討する必要があるのです。

[上眼瞼切開のメリット]

上眼瞼切開のメリットはなんといってもどんなまぶたの方であっても取れない二重瞼にすることができるということ。ただし、極端に厚みの強い場合や、まぶたの皮膚にたるみが強い方などは上眼瞼切開ではなく、眉毛下切開を提案することもあります。あくまで一般的な二重瞼という考えでいけば一番ベストな方法が上眼瞼切開となります。
すべてのまぶたに対して適応がある    腫れぼったいまぶたの方でも治療できる
厚ぼったいまぶたを薄くできる      永久的な取れない二重瞼を希望している人
皮膚のたるみも解消できる    

[上眼瞼切開のデメリット]

切る二重瞼の手術ですからデメリットは傷跡、腫れなど術後のダウンタイムが大きなデメリットとなるでしょう。そのデメリットを出来る限り少なくすることが私たち美容外科医の技術であり、経験であると思います。
術後の腫れなどによるダウンタイムの長期化   切開線などの傷跡


上眼瞼切開の問題点というのは修復が困難となることもあるため美容外科選びは非常に重要です。私たちは美容外科として25年以上の実績があり、多くのメディアでも評価されています。特に上眼瞼切開や眼瞼下垂の手術については評価が高く国内有数の美容外科クリニック、切開による二重瞼の名医とも紹介され多くの実績を築いてきたと自負しております。そんな上眼瞼切開にはさまざまな問題点があるのです。上眼瞼切開は当然ですが、リスクはありますが得られる満足度は非常に高いものです。安易な気持ちでの上眼瞼切開は問題がありますが、しっかりと意思が固まった方であれば決して後悔するような治療ではありません。どうぞご安心下さい。

■ 腫れの長期化

切開線からまつげ側の部分がプクッと膨れている腫れは上眼瞼切開によくあるトラブルのひとつです。この部分の腫れは一度引き起こすとなかなか引かず、状態によっては早急に対処しないと半年や数ヶ月続くこともあります。腫れは仕方ないと思うのではなく、主治医とよくご相談しましょう。

■ 著しい左右差

左右差の出現というのは基本的には意思の技術的な問題です。私たち美容外科医はその左右差を少しでも埋めるために手術をおこなっています。術直後より左右差を引き起こしている場合は修正手術が必要になることが多く、手術に対する覚悟が必要となります。私たちは数多くの修正手術をこなしています。上眼瞼切開など細かな手術には絶対の自信があります。基本的な修正・修復手術というのは皮膚を切開して調整するか、二重瞼の折り返し位置を再度しっかり固定するかという方法です。

■ ライン消失

上眼瞼切開でライン消失可能性は極めて低いと考えてかまいません。基本的には取れない二重瞼の手術ですから。

■ 眼瞼下垂

術後腫れが引いてもしっかりとまぶたが持ち上がらない。眠そうなまぶたになってしまった。その場合、眼瞼下垂を引き起こしている可能性が極めて高いです。この場合、単に小切開の修復手術では治せません。眼瞼下垂の手術をしっかりと行わなくてはいけないでしょう。


他院での修正手術について

他院で上眼瞼切開を受けられて修正手術をご希望の場合、修正時期というのが重要になることがあります。基本的には炎症などが完全に落ち着く3ヶ月から半年以降が再手術の時期ですが、腫れの程度や左右差のアンバランスなどによってはその期間に満たなくとも修正手術をおこなう場合もあります。

慶友形成クリニックではこれまで多くの修正手術を手掛けた経験から、さまざまな状態に応じた修復手術に対応できます。場合によっては待つだけ無意味な無駄な時間を過ごしてしまう方も少なくありません。これって失敗かもと思われるのならまずはご相談下さい。

慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.