医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っているワキガの治療(反転剪刀法)のご紹介

ワキガの治療効果というのは、臭いの原因となるアポクリン汗腺をどれだけ除去できるかということで効果に違いを生じます。同じように切開しても雑に適当な除去量だけでは同じ傷を負ったとしてもワキガの改善度は全く違うのでどれだけ満足度を上げるかというのはアポクリン汗腺の除去量にかかっているのです。

私たちの腋臭の手術「反転剪刀法」

腋臭の手術「反転剪刀法」で大切なのは治療時間です。雑な短時間の手術では全く効果を感じることはできないでしょう。慶友形成クリニックの反転剪刀法は細かく除去するのは当然ですが、術後の剥離層へのアンカー固定についてもこだわりのある手術をおこなっています。私たちはワキガの効果だけではなく、出来てしまった手術痕についてもしっかりと治療・ケアすることを心がけています。

 細かく丁寧にアポクリン汗腺を除去します。

反転剪刀法の効果はどれだけ多くのアポクリン汗腺を除去できたかということで治療効果に違いを生じます。そのため基本的には治療時間と効果は比例します。私たちは時間をかけて細かく丁寧に除去します。

 傷を最小限に留めます。

どれだけワキガが完治しても傷が目立っては別の不満や不安が出てきます。慶友形成クリニックでは縫合技術は当然ですが、術後のドレッシングなどから傷を最小限に留める技術を持っています。

 術後傷が気になる場合は傷跡修正までしっかりとおこないます。

ワキガの手術の傷というのは手術だけの問題ではなく、体質なども影響します。しかし「体質だから諦めて」ということはしません。傷跡修正を含め満足のいく仕上がりに努めています。

反転剪刀法の方法
[ 慶友形成クリニックの反転剪刀法はゆっくりと時間をかけて丁寧に確実に汗腺を除去します ]

アポクリン汗腺の分布位置を確認し、剥離範囲のデザインと切開線のデザインをおこないます。そのデザインした範囲全体に麻酔の注射をしていきます。ワキガの手術で痛みを感じるのはこの麻酔の痛みです。慶友形成クリニックでは痛みを最小限に抑えるよう麻酔薬のPhを調整したり、注射針を極細のもので穿刺痛を抑えています。

麻酔の効果が現れたら切開デザインのライン状にメスを加え皮膚を切開します。次にアポクリン汗腺の分布範囲を剥離します。ワキガ治療の効果はこの剥離層、剥離範囲で仕上がりに違いを生じますので、正確に剥離層を確認しながら皮膚剥離を行います。

剥離した皮膚をひっくり返し反転させます。そうするとアポクリン汗腺が直視することができるのです。ここから顧客非常に地味な作業です。一つひとつのアポクリン汗腺を剪刀(ハサミ)で丁寧に取り除いていきます。一般的な美容外科ではこの作業は15分程度で終わらせますが、30分以上の時間をかけて丁寧に細かく除去します。ここまでの流れを左右両方おこないます。(ただし、日常生活への問題などから片側ずつの治療にも対応しています。)

層部からの出血状態を確認し、十分に止血できたことを確認します。次に創部を洗浄し残留物を除去します。残留物は感染などの原因にもなる可能性があるためしっかりとおこないます。そうして傷口を縫合します。次に慶友形成クリニックのこだわりはアンカースーチャーと呼ばれる剥離した皮膚を元あるただしい位置への固定です。多くのアンカーをしっかりと掛けるだけではなく、腕の可動に合わせた角度、方向で自然な皮弁形成ができるよう固定します。これで反転剪刀法を終了します。

最後にドレッシングをおこないます。タイオーバーと呼ばれる専用の圧迫材料を創部に固定します。手術範囲に応じてタイオーバーは皮膚に直接縫い付けることもありますし、テーピングだけで固定する場合もあります。あくまで状態や剥離範囲、安静度をどの程度保てるかということで相談させていただき決定します。

反転剪刀法の術後の腫れ・注意事項
[ 反転剪刀法の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

反転剪刀法は術後の圧迫(タイオーバー)と、挙上制限が大切です。しかし、この制限をしっかり守っていただければ傷跡で心配する可能性は少なくなりますし、なによりワキガで悩まなくなるという最大のメリットがありますので十分守っていただきます。
通常、4日目に圧迫を除去し、7日後に抜糸をおこないます。広範囲におよぶ切開が必要になったケースでは10日後の抜糸となることもあります。腕の挙上などに違和感がある場合は腕の運動セルフケアを指導しますので、ご提案する日時にご来院いただきます。
ワキガの手術の1ヶ月、3ヶ月後に経過観察のため診察を受けて頂きます。

[術後の固定]

ワキガの手術の術後の固定は以下のイラストのようにしっかりと圧迫されているため腕の挙上はできません。この圧迫は最低でも4日間は必要です。

[両手の挙上について]

4日間は圧迫していますので、動かすのは控えていただきます。圧迫固定の除去後は少しずつ可動域を広げることができます。剥離範囲によっては一時的に動かしにくくなることがありますが、理学療法士がプランニングするセルフケアで早期回復を促します。

[清潔ケアについて]

術後4日はしっかりと固定していますので、腕を上げなくても良い範囲でシャワーは可能です。入浴は抜糸の翌日から可能です。

反転剪刀法の費用と保証について
[ 反転剪刀法にかかる実際の手術費用をご案内させていただきます。 ] 反転剪刀法の実際の費用
手術費用432,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計441,720円(税込)
※すべて税込費用で表記しています。

治療費用には術後の検診費用・効果の保証などすべて含んでいます。術後3ヶ月もしくは半年後に最終的なチェックをさせていただき、傷跡、ワキガの治療効果を含め診察させていただきます。その際、傷跡や、治療効果の有無、満足度を確認させていただき、ご納得していただいた時点で終了となります。万一、傷跡や効果に不満がございましたら治療時期は状態によって変動することはありますが、満足のいく結果に落ち着くまで保証させていただきますのでご安心下さい。

反転剪刀法に向いている人・向いていない人
[ 腋臭の手術「反転剪刀法」は重度のワキガに適した手術です ]

重度のワキガを解消できる非常に効果的なワキガの手術が反転剪刀法という方法です。ワキガの手術には吸引法と反転剪刀法の2つの手術があるのですが、それぞれの特徴や体への負担、社会生活への負担など違いますので、あなたに合わせた治療を選んで下さい。

[反転剪刀法に向いている人]

確実な効果を求める方            重度のワキガの方 傷というデメリット以上に効果を期待する方

[反転剪刀法に向いていない人]

傷跡が気になる方、傷を作りたくない方    術後の安静が守れない方 汗、多汗症を主たる目的とする方


ワキガの代表的な手術である反転剪刀法の一番の強みは確実な効果。なぜならそれは直視下でワキガの原因であるアポクリン汗腺を除去できる唯一の手術ですので、ワキガで悩んでいる方に取っては非常に満足度の高い手術です。しかし、効果が高い反面対照的にさまざまな問題点を引き起こす手術でもあるのです。私たちはワキガの手術の問題点やリスクを減らす技術と経験を所有しています。

■ 効果の実感が少ない・効果がない

反転剪刀法は直視下でアポクリン汗腺を除去しますので、効果が無いということは通常あり得ません。万一、反転剪刀法を受けて効果が無い場合で考えられるのは、雑な手術で細かく丁寧に除去できるはずのアポクリン汗腺を除去できなかった、手術をおこなった医師がアポクリン汗腺を直視下で確認せずに適当な手術をおこなったということが考えられます。慶友形成クリニックではワキガの手術に十分な時間をかけて丁寧にアポクリン汗腺を除去しますので、ワキガ手術の効果に自信があります。

■ 傷跡・手術痕が目立つ

ワキガの手術の傷跡というのは目立つものです。しかし、それは医者の技術、術後の修正技術で大きな差が出ます。やりっぱなしの手術では傷跡のメンテナンスも十分できないでしょう。慶友形成クリニックはワキガの治療効果だけではなく、傷跡についても目立たせない傷に仕上げるようさまざまなケアを含めた取組みを実践しています。

■ 血腫による皮膚壊死

ワキガの手術の術後の血腫は比較的起こしやすい問題です。それは腕の固定が不十分であったり、動かしては行けない時期であるにも関わらず、腕を挙上してしまった時に血腫を形成します。ワキガの手術はアポクリン汗腺が集中している部分の皮膚を剥離といって皮膚を剥がすのでしっかりとした圧迫をしなければ容易に血腫を形成してしまうのです。慶友形成クリニックでは血腫を形成しないようドレッシングに工夫を凝らし、治療効果と安全性を高めたワキガの手術を実践しています。

■ 運動可動域の制限

ワキガの手術は術後の安静度が非常に重要で、安静度をしっかりと守らないと傷跡や腕の挙上への問題などさまざまな問題を引き起こしてしまいます。そのため十分な安静を保てる環境下での手術を推奨します。特に腕の挙上については術後3、4日は絶対にできません。

■ 効果の実感が少ない・効果がない

反転剪刀法と比べ吸引法によるアポクリン汗腺の除去というのは直視下と比べると劣ることは間違いありません。そのためどれだけ丁寧に吸引するか、吸引管を挿入する皮下の層に相当の経験と知識が必要になります。残念ながら中には脂肪吸引と同じような感覚でワキガの吸引法を行う医師もいます。これではワキガの治療としては効果がないでしょうし、無駄な治療となる可能性が極めて高いのです。 吸引法で大切なのは丁寧に広範囲に吸引するのは当たり前ですが、吸引管を挿入する層(レイヤー)が効果を決定づける一因でもあるのです。私たちはこれまでの実績・経験から吸引法での効果的な層を容易に見つけ出し治療することができます。


ワキガの修正手術について

他院でワキガの手術を受けて治療結果に満足のできなかった方、ワキガの手術を受けたけれど傷跡で悩んでいる方は私たちにご相談下さい。実際にワキガの手術を受けられた傷を診察させていただき、具体的な傷跡修正や再手術についてのアドバイスをさせていただきます。
ワキガの再手術の時期についてですが、基本的には術後の炎症が落ち着く3ヶ月以降に再手術であったり傷跡修正の治療プランをご提案させていただきます。

慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.