医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている眼瞼下垂修正手術のご紹介

眼瞼下垂は二重瞼の手術の中で少しブームになっている傾向にあり、多くの美容外科が導入し始めています。その結果、多くのトラブルや失敗に陥る方が増えているのが実情です。眼瞼下垂の手術というのは決して簡単なものではありませんし、気軽に受ける手術でもありません。慶友形成クリニックは眼瞼下垂の手術は20年という実績がありますし、さまざまなメディアで取り上げられたため、国内での手術件数は最高数を記録したことがあります。しかし、それだけの数の眼瞼下垂の手術を行ってきても簡単だと思える手術ではありません。それはまぶたの開閉にはひとそれぞれ特殊、独特な癖もあり、想定外の動きをすることも少なくないんです。だからこそ非常に難しい手術であることを忘れないで下さい。

私たちの眼瞼下垂修正術

慶友形成クリニックでおこなっている眼瞼下垂の手術は基本的にはすべての眼瞼下垂のトラブルに対応しています。過矯正によるビックリ目、三角の点状過矯正、左右差、不自然な仕上がりなどやり過ぎに対する解除・再固定修正から、眼瞼下垂の効果不足まで幅広い修正まで手掛けることができます。

  過矯正を修正することができます。

眼瞼下垂の過矯正というのは、一旦癒着を解除し、その上で瞼板に再固定しなくてはいけません。再固定は比較的用ですが、癒着の解除というのは非常に難易度の高い手術です。特に最初に受けられた眼瞼下垂の手術によって眼窩隔膜が激しいダメージを受けている方もいるため、専門的な知識と癒着の解除の正確性が要求されるのです。

  眼瞼下垂の引き上げ不足を解消させることができます。

眼瞼下垂の引き上げ不足というのは少ない眼瞼下垂の修正手術ですが、過矯正に比べれば比較的容易な手術です。治療時期にもよりますが、比較的修正時期を早めて治療することもできます。

  気になる傷跡を目立たせなくします。

眼瞼下垂のトラブルで過矯正の次に多いのが傷跡の問題です。中には酷い傷跡になってしまったかも少なくありません。皮膚の部分的な切除によって傷跡を目立たせないように仕上げます。

  左右差を解消し見た目の自然さを取り戻します。

眼瞼下垂の手術後に左右差が強くなったというケースの場合、どちらの状態に合わせるかということで手術の方法は違いますが、皮膚だけで矯正できるのか、筋肉まで処理する必要があるのかきちんとした診断をさせていただきます。

眼瞼下垂修正の方法
[ 修正手術に決まった手法はありません。今の苦痛を緩和させる最善の提案が必要です ]

眼瞼下垂の修正手術には決められた術式というのはありません。それは過去に受けられた手術がどういった手法で行われているのか、実際の固定方法や眼窩隔膜の剥離、横切開の状態によって全く違いますし、横走靭帯がきちんと処理されていないことも多く、実際には傷を開けてみないと解らないケースも少なくありません。

眼瞼下垂の修正手術で一番気をつけることは傷跡をどこまで修正するか、癒着の解除の程度というのは非常に複雑で、手術時間も通常の眼瞼下垂の倍近くかかることもあります。しかし、私たちは修正手術を請け負った場合、すべての責任は私たちにあるものとしています。よくあるのは「前の手術が…」と言い訳をする医師が多いのですが、だったら最初から請け負うべきではありません。修正手術を請け負うということはすべての責任を主治医が負うべきなのです。私たちは自分たちのおこなう修正手術はすべて責任を持って対応いたしますのでご安心下さい。

眼瞼下垂修正の術後の腫れ・注意事項
[ 眼瞼下垂修正術の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

眼瞼下垂の術後の腫れについては、翌日は一番強い状態です。3、4日で少しずつ腫れが引いてきますが、概ね1週間で50%程度、2週間で80%の腫れは改善します。術後1、2日は腫れと内出血を予防するためにも冷やして頂きます。冷やし方については術後にお渡しする術後の過ごし方をご参考下さい。
修正手術の場合、術直後はしっかり開かない場合もありますが、時間の経過で解消しますのでご安心下さい。また、眼瞼下垂の手術の場合、翌日の検診を推奨しています。それは傷跡を目立たせないよう処置を行います。抜糸については10日後で、1ヶ月、3ヶ月(半年でも可)後に経過を診させて頂くことが望ましいです。

[メイクについて]

ファンデーションなどは手術翌日から可能ですがアイメイクは抜糸後を推奨しています。

[洗顔・洗髪について]

眼瞼下垂の手術の翌日からは洗顔していただけます。翌日からシャワーも可能ですが、入浴は腫れを助長しますので、腫れが一定落ち着いてからとさせていただきます。

[アイシングの方法]

眼瞼下垂の後はご自宅でも少し冷やして頂くことを推奨しています。冷やし方については術後にお渡しする注意事項、冷やし方の冊子をご参照下さい。

眼瞼下垂の費用と保証について
[ 眼瞼下垂にかかる実際の手術費用のご案内です ]
眼瞼下垂の実際の費用
手術費用432,000円
修正追加加算108,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計549,720円(税込)
※すべて税込費用で表記しています。また、費用は両側の修正費用です。
※片側の修正費用は324,000円となります。
眼瞼下垂の仕上がり保証について

眼瞼下垂の修正手術の保証ですが、ご要望の仕上がりを保証しています。ただし、修正という性質上、仕上がりまでに3ヶ月ではなく半年程度のお時間を頂く場合がございます。それは癒着の解除からの回復は非常に時間がかかるということ、2回目の手術によって炎症反応が極めて高くなる可能性がありますので、通常の眼瞼下垂の手術と比べると時間がかかるものなのです。

仕上がりの最終チェックは基本3ヶ月ですが、状態によっては半年後とさせて頂く場合がございます。最終チェック時に診察させていただき、仕上がりに満足出来ていればその時点で一旦終了とさせていただきます。その後に何らかの症状があればいつでも診させて頂きますので特に期限などは設けておりません。私たちはすべての方に満足して頂くために結果に対する保証をきちんとおこなっています。

(術後の検診について)
抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりのラインについて細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。

眼瞼下垂修正手術の問題点

眼瞼下垂の手術のリスクは初めての眼瞼下垂手術と比べるとさまざまなリスクと問題を伴います。出来る限り起こりうるリスクを想定し、問題を引き起こさない手術を心がけていますが、状態によっては問題を起こす場合もあります。しかし、私たちは起こった問題に対し、きちんとした処置・対応していますのでご安心下さい。また、出来る限り早期の社会復帰を目指しますが、修正の場合はお時間を頂く場合もございます。

慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.