医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
美容外科の慶友形成クリニック神戸   各治療のご案内 > ボディリフト(脂肪吸引切除)
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている腹壁形成のご紹介

腹壁形成術というのはお腹の皮下脂肪と皮膚のたるみを切除して、ボディラインを細くする手術です。ボディリフトとも呼ばれている若返り手術のひとつ。この手法は脂肪吸引などのように脂肪の層を考えることなく、皮膚と脂肪を取れるだけ取ってしまうことができるので、スタイルを整えるという意味では非常に有効なのですが、大きな切開を必要とするため傷跡が残るというデメリットがあります。

私たちの腹壁形成術

腹壁形成は術後の絶対安静が必要ということ、全身の管理がしっかりとできる美容外科でなければ治療を行うことすらできません。そのためこの手術ができる美容外科というのはほとんどありません。慶友形成クリニックは全身管理がしっかりとできる医療設備と、24時間看護師が常駐している入院環境を整えることができますので、こういった特殊な治療も実施できるのです。

  腹部のPlication処置で腹壁そのものを強化します。

腹壁形成術は、皮下脂肪と腹部のたるみを切除する体のリフトアップです。しかし、慶友形成クリニックのボディリフトは体の弛みを取るだけではなく、Plication処置といって筋膜を引き寄せてたるみの予防に備えた腹壁形成をおこなっています。

  安全な環境下で治療を受けていただけます。

腹部の皮膚、皮下脂肪の切除ですが、術後に予想される感染などの問題が危惧されます。一般の方はご存じないのですが、慶友形成クリニックは日本の美容外科で唯一手術室にクリーンルームの規格を取得している医療機関です。一般的に手術は清潔に運営されていますが、クリーンルームの規格というのは全く次元の治療環境なのです。当院は開腹手術までも行える基準で美容外科手術を提供しています。また、全身管理に必要な医療機器もすべて整っていますのでご安心下さい。

  術後のケアサポートがどこよりも充実しています。

腹壁形成の術後に起こりうる問題として、瘢痕などの問題があります。慶友形成クリニックではエンダモロジーなどの治療以外にも理学療法士による徒手治療など幅広いサポートを提供しています。

腹壁形成術が向いている方

腹壁形成術は大掛かりな皮膚の切開・切除を伴いますから傷跡の問題を引き起こします。そのためこの手術は誰もが気軽に受けることが出来る訳でもありませんし、どなたにでも推奨できる手術ではありません。傷跡に対する理解がある方でなければ後悔することになります。当院の場合、ダンスをされる方、ドレスを頻繁に着る機会が多く、キレイなボディラインを表現したい方、比較的年齢層の高い方がこの手術を希望されています。

腹壁形成術の実際の方法
[ 慶友形成クリニックのボディリフトは全身麻酔下でおこないます ]

最初に皮膚を切開するためのデザインをおこないます。皮膚をどの範囲でどの程度切除できるかを含め細かくボディにデザインを描きます。デザインは基本的には立位でおこないます。デザインが終わったら麻酔を開始します。腹壁形成術は全身麻酔下で治療します。


※これはデザインの一例です。お腹のたるみの具合によってデザインはさまざまな形状に変化させます。

皮膚を切開する部分全体に麻酔薬、止血剤を散布します。そうして皮膚を切開していきます。腹壁形成の切開はどの手術よりも広範囲になりますし、切開するだけも時間がかかる手術です。皮膚の切開が終了したら、次は皮下脂肪の切開をおこないます。脂肪層は血管が豊富ですので、細かな止血が重要です。一般的な美容外科手術で使う電気メスではなく、開腹手術など外科手術で使う電気メスを使って皮下脂肪を切除していきます。当院はすべての手術に対応できる設備を所有していますのでご安心下さい。腹壁形成の脂肪除去は一番深い筋膜直上まで剥離し、大量の皮下脂肪と皮膚を確実に除去します。
次に腹部のplication処置をおこないます。筋膜を引き寄せ腹壁を強化したるみの予防とリフトアップ効果を高めます。この処置によって術後のウエストラインを引き締め立位における下腹部の突出を抑えることができます。
ここから皮膚の縫合をおこなっていきます。脂肪層を引き寄せナイロン糸にて複数箇所しっかりと固定します。ドレーンと呼ばれる血液やリンパ液を溜めないようにする管を留置し、傷を丁寧に縫合していきます。この手術は創部が広範囲に及ぶため、2段階に分けて治療することもあります。第一段階として脂肪を除去する。第二段階として傷跡を丁寧に形成するという流れです。そのため1回の手術で完全な仕上がりでない可能性もありますので十分ご理解して頂く必要があります。当然ですがこういった内容はカウンセリングでしっかりと判断し、ご説明させていただきますのでご安心下さい。

腹壁形成の術後の注意事項
[ 腹壁形成の術後は絶対安静が必要です ]

腹壁形成は術後は絶対安静です。入院の必要な治療になることをご了承下さい。腹壁形成の翌日もしくは2日後にドレーンを抜去します。その判断は翌日の出血量や創部の血色などで判断します。術後から腹部を強く圧迫していますが、この圧迫は最低でも3日は必要です。入院は1日もしくは2日を推奨しています。それ以降は静脈血栓の予防のため安静を解除し、歩行が許可されます。ご帰宅して頂くこともできる状態です。

[ 入浴・清潔ケア ]

シャワーは腹部以下の部分については可能です。全身のシャワーについては抜糸の翌日から可能ですが、7日後に部分抜糸をおこない状態で判断させていただきます。全抜糸が終わったら通常通りのシャワー、入浴が可能となります。

[ 運動制限 ]

過度の運動制限というのは手術の翌日までです。それ以降は少しずつ運動制限を解除していきます。抜糸以降も激しい運動は控えていただきますが、1ヶ月以降は特に制限のない生活を送っていただけます。ダンスなどの練習についてはダンスの種類にもよりますが、診察時に個々で判断させていただきます。

腹壁形成の費用と保証について
[ 腹壁形成術にかかる実際の手術費用をご案内させていただきます。 ]
腹壁形成術の実際の費用
手術費用1,296,000円
全身麻酔費用108,000円
初診料3,240円
血液検査費用10,800円
合計1,418,040円(税込)

※すべて税込費用で表記しています。

腹壁形成術の治療費用は仕上がりまでの費用です。2段階に分けて手術を行う場合でも追加加算はありません。初回にお支払い頂く費用で仕上がりまでを保証致します。

腹壁形成術の保証について

腹壁形成術は後戻りすることは絶対にあり得ません。そのため確実な効果を実感して頂けます。ただし、傷跡など術後気になる場合は傷跡修正まですべて保証内で対応していますのでどうぞご安心下さい。この手術は半年後、もしくは二段階手術の場合は1年後に最終チェックとさせていただきます。その際、治療効果、満足度を確認させていただき、問題がなければ終了ですが、万一、効果に満足できない場合は再手術などのご提案・実施をさせていただきますのでご安心下さい。

腹壁形成術の治療適応と不適応
[ 腹壁形成は傷跡などに一定の理解が必要です。 ]

腹壁形成は誰でも気軽に受けることができる手術ではありません。この手術はどの手術よりも大掛かりであるため実施に手術を施行できる美容外科というのはほとんどないでしょう。そのため限定された美容外科もしくは大学病院などでしか行うことができません。慶友形成クリニックは入院設備だけではなく、治療設備も充実していますのでどうぞご安心下さい。

[ 腹壁形成の治療適応 ]

糖尿病、全身性肥満などの疾患がない方  皮膚の弾力が乏しい方
腹直筋弛緩が激しい方  下腹部の手術、腹壁ヘルニアを伴う方
妊娠線が醜い方、改善したい方  脂肪過多を運動療法、食事療法で解消できない方

[ 腹壁形成の不適応 ]

脂肪吸引で十分効果が得られる方  腹部の脂肪が皮下脂肪ではなく、内臓脂肪の方
ヘビースモーカーの方


■ 血腫

腹壁形成における問題点についてはやはり傷跡です。いくら丁寧に縫合したとしても傷跡修正を余儀なくされることも少なくありません。やはり広範囲に及ぶ切開や、切除量の多い外科手術には傷跡の問題は拭いきれません。しかし、それ以外にもいくつかの問題点があります。ここでは腹壁形成術の問題点についてご説明致します。

■ 皮膚の壊死

皮膚の壊死というのは血流不全によるものがほとんどです。特に皮膚を切開した角に起こりやすく、皮膚の過緊張部分にも起こってしまいます。それはあくまで手術によるものですが、これ以外に喫煙による影響が甚大です。術後は禁煙して頂くのは必須ですが、もともと喫煙されている方の場合は血管そのものに問題があるため皮膚の壊死を起こしやすいことがあります。そのためヘビースモーカーの方はこの手術を受けて頂くことはできません。

■ 血栓性静脈炎、肺塞栓

広範囲に及ぶ脂肪の除去によって、脂肪細胞や融解した脂肪酸が血中にいくことで肺塞栓を引き起こします。手術前にピルの服用を中止するなどの対処が必要です。また、過度の安静は静脈血栓を助長させますので、速やかに運動制限を解除を行います。


慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.