医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている鼻翼縮小のご紹介

小鼻と呼ばれる部分、鼻翼と言いますがこの部分の横の広がりを小さくする方法を鼻翼縮小と言います。鼻翼の広がりというのは鼻の穴が大きく目立ち、鼻全体が大きく見えてしまうため見た目の美しさを大きく損ねてしまいがちです。鼻翼縮小術では鼻翼部分を切開して小鼻を小さくし、あなたの望む鼻の形状に整えることができます。ただし、鼻の形状というのは鼻翼の大きさだけではなく、鼻筋や特に鼻先(鼻尖部)とのバランスが重要視されます。大切なのは今の鼻の状態に対し、あなたの望む鼻の形状や美しさが鼻翼縮小だけで良いのか?それとも他の鼻の整形を複合する必要があるのかを判断することがこの手術の結果に大きく影響するのです。

私たちの鼻翼縮小

小鼻を小さくする「鼻翼縮小」には大きく分けて2つの術式があります。ひとつは鼻翼基部と呼ばれる付付け根の部分から皮膚を含め外側部分全体を切除し、鼻の形状を形成する方法。もうひとつは外側を切開せず、内側だけを切除して小さくする方法です。慶友形成クリニックの鼻翼縮小はこういった2つの手法だけではなく、鼻全体のバランスを考慮し、一番大切なあなたの望む鼻の形状、美しさのために必要な方法をご提案させていただきます。

  より高い効果で満足のいく仕上がりをお約束します。

鼻翼縮小で大切なのは手術バリエーションとデザインセンスです。広がっているから切って小さくすればよいという考えが多く、一般的な美容外科による鼻翼縮小では鼻全体の形状バランスを考えることなく、鼻翼部分を切除してしまうため小さくはなっても鼻の穴の形状が不自然になってしまったり、何かでつまんでいるような鼻になってしまうなどのトラブルも少なくありません。私たちは仕上がりの形状をきちんと図式化し、あなたの望む仕上がりをしっかりと提案することができます。

  より高い精度で傷跡を目立たせないように仕上げます。

鼻翼縮小において鼻の表面にできる傷跡というのはいかにも鼻の整形をしたという印象を与えてしまう可能性が極めて高いです。私たちはできる限り傷を目立たせないよう顕微鏡を用いた傷の縫合技術で、自然な仕上がりで目立たせない傷跡に仕上げるよう最善の治療を提供しています。

  丁寧なカウンセリングであなたの望むと美しい自然な鼻に仕上げます。

小鼻というのは単に小さくすれば良い訳ではありません。鼻全体の大きさのバランスだけではなく、鼻先(鼻尖部)の丸みや大きさで見た目の美しさ、自然さというのは大きく違ってきます。大切なのはどのような鼻に整えたいのかということです。私たちは徹底したカウンセリングであなたの望む鼻の形状に整えることができる最善の治療法をご提案することができます。

  最小限の痛みで鼻翼縮小を行います。

鼻翼縮小は小鼻の基部(根元部分)に局所麻酔の注射をして治療しますので、麻酔が効いてしまえば手術中に痛みを感じることはありません。そのため鼻翼縮小の場合は麻酔の注射が一番痛いのです。慶友形成クリニックではできる限り麻酔の痛みを抑えるよう注射針の極細針の使用、使用する麻酔薬の調合、使用する際の温度、ゆっくりと麻酔薬を侵入させるなどの工夫を凝らしできる限り痛みを感じさせない麻酔法で鼻翼縮小をおこなっています。

鼻翼縮小の方法
鼻翼縮小に対する考え方と治療プランについて
【小鼻が鼻翼基部よりも外側に張りでたタイプ】  【小鼻が鼻翼基部と同じ位置にあるタイプ】

鼻翼縮小において、外側切開をすることが大きな変化を与えることができると判断する医師もいるのですが、それは大きな間違いです。
大きな変化を求めるから外側を切開するのではなく、小鼻の横方向への広がり(小鼻が根元よりも外側に張り出しているか否か)で判断しなければいけないのです。そうしなければ仕上がりの鼻の形状が丸みのない不自然な鼻、何かでつままれたような鼻になってしまうのです。

次に延長する鼻孔縁部分の処理をおこないます。鼻孔縁のカーブにそって鼻の内側(鼻の穴側)を切開し、移植片を挿入するポケットを作成します。
移植片(耳介軟骨と皮膚組織の複合組織)を鼻孔縁部分に継ぎ足して鼻孔縁を延長します。左右差、仕上がりの自然さを確認し傷を縫合して鼻孔縁延長を終了します。

鼻翼縮小実際の方法

ここでは慶友形成クリニックがおこなっている小鼻を小さくする鼻の整形手術「鼻翼縮小」の手術の流れをご案内いたします。

1.細かなデザインを描く

切開するためのデザインを描きます。このデザインで仕上がりの大きさや形状、鼻の穴の丸みなどが決まりますので、丁寧に細かく描きます。また、状態にもよりますが、根元ギリギリで切開するのではなく、少し浮かせた部分で切開線を描く場合もあります。そのほうが傷跡が目立たないケースもあるためです。

2.局所麻酔の注射

小鼻の根元に外側から局所麻酔の注射をおこないます。鼻翼縮小で痛みを感じるというのはこの麻酔の注射だけです。麻酔が効いてしまえば手術中、手術後に痛みを感じるようなことはありません。痛みを緩和するために他の麻酔法を併用することも可能です。しかし、小鼻というのは鼻先に比べると痛みは軽度ですので、一般的には局所麻酔だけで対応していることが多いです。

3.鼻翼部切開or切除

デザイン通り小鼻をメスで切開していきます。切開鼻翼部分には皮脂腺も多く皮膚の切除角度を皮脂腺に合わせて切開するなど細かな工夫、細工が必要です。それがより傷跡を目立たせなくするポイントのひとつです。

4.内側固定の縫合

糸で切開部分の内側に糸でしっかりと固定します。この固定は非常に重要で、正確でかつ丁寧におこなわないと鼻翼の形態変化に現れています。糸を使って両側の小鼻を引き寄せる方法も必要に応じて対応しますが、それよりも自分自身の組織をしっかりと真皮弁を用いたほうが持続効果は長いです。

5.皮膚の縫合

外側の皮膚を丁寧に縫合していきます。この縫合も細かく縫合してしまうと返って皮脂腺の炎症を引き起こしやすく、傷跡が目立ちやすくなってしまうこともありますので、場所に適切な縫合技術できれいに仕上げる必要があります。

鼻翼縮小の術後の腫れ・注意事項
[ 鼻翼縮小の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

鼻翼縮小だけの手術の場合、大きな腫れを生じることはありません。鼻翼部分というのは皮脂腺も多く、きちんとしたケアをおこなわなければ傷跡にも大きく影響します。お渡しする消毒液による消毒やお渡しする術後のケアの用紙を参考にしていただき、きちんとしたセルフケアを実践していただきます。

[メイクについて]

傷部分を残してメイクは可能です。

[洗顔・洗髪について]

翌日から基本的には洗顔が可能です。お渡しする消毒液で指示通り処置をしていただきます。

鼻翼縮小の費用と保証について
[ 鼻翼縮小で実際にかかる費用について ]
鼻翼縮小術
手術費用216,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計225,720円(税込)

※すべて税込費用で表記しています。
※鼻翼縮小は術式に関わらず一律上記の費用です。

鼻翼縮小の保証について

鼻翼縮小は時間の経過で変化することはありません。そのため3ヶ月もしくは半年後に最終チェックで仕上がりの満足度を確認させていただきます。何らかの問題を引き起こした場合、最終チェックを受けた場合でも特に期限なく責任を持って対応させて頂きますのでご安心下さい。

(術後の検診について)

抜糸後に一度もご来院されない方も極わずかですが、お見えになります。術後の経過というのは自己判断しないで下さい。傷や仕上がりの形状について細かくてもかまいません。気になる点はお申し出下さい。私たちは責任ある治療をおこなう以上、患者さんにもきちんとご来院頂くことが、良い結果を出すことにもつながると考えます。


鼻翼縮小というのは大きなリスクや問題点というのはありません。問題は希望している仕上がりに成っているかと言うことが重要です。この手術の仕上がりについては、個人の問題ではなく美容外科医の治療適応の判断、切開デザインです。過剰な切開の修正は非常に困難ですが、不足であったり、もっと効果を出したいという場合については比較的容易に修正手術は可能です。

■ 想い描いていた仕上がりと違う

鼻翼縮小で非常に多いトラブルが仕上がりに対する期待値の高さです。鼻の形状というのは鼻翼だけ改善すれば良いと言うことではありません。鼻全体の大きさ、鼻筋のカーブ、鼻先の丸みや大きさなど全体のバランスで大きく違ってきます。状態によっては鼻先(鼻尖部)の手術をおこなう必要もあるのです。必要性があるにも関わらず、鼻翼だけをおこなうと間違いなく不自然な鼻になってしまうのです。

■ 左右差

左右の切除量の違いや、切開デザインのアンバランスによって起こるトラブルです。過剰に切除してしまったケースであれば修正は困難ですが、鼻翼に余裕があれば修正は比較的容易です。

■ 傷跡が醜い

鼻翼切開というのは皮脂腺も多いだけではなく、縫合部にドッグイヤーと呼ばれる傷跡ができやすいのが特徴です。経験豊富な形成外科医であればそういった処理に長けていますが、一般的な美容外科医の多くはそういった修正技術が無いため、傷跡は決して目立ちにくいとは言い難いものです。


慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.