医師紹介よくあるご質問
二重まぶた目元の若返り鼻の整形輪郭の整形若返り脂肪吸引胸の整形メディア情報体制と設備リクルート・採用情報東京本院のご紹介福岡で再生医療を
慶友形成クリニック外部サイト
オフィシャルサイト
慶友形成クリニック東京
肌の若返り 線維芽細胞移植術
専門診療 美容皮膚科
再生医療研究所
メディカルサロン
各治療のご案内
各治療のご紹介 THERAPY
慶友形成クリニックで行っている眉毛下切開のご紹介

眉毛下切開とは文字の通り、眉毛の下を切開する治療のことを言います。眉の下を切開することで何が出来るかと言いますと、まぶたの弛んでしまった皮膚を切除することができるので、目元の若返り、まぶたの弛みを取ることができるのです。眉毛下切開は眉毛の生え際を切開しますので、傷跡も目立たず確実にまぶたの弛みを引き上げ若返らせることができるのが特徴です。

[ 眉毛下切開はこんな方に向いています ]

 ・まぶたのたるみを取りたい方        ・二重まぶたを変えずにたるみだけを取りたい方
 ・極力を腫れを少なく、かつ確実にたるみを取りたい方   ・傷跡が気になる方
 ・元々二重瞼で弛みによって幅が狭くなってきた方   ・瞼の皮膚そのものが分厚い方 など

私たちの眉毛下切開

眉の下を切るなんて返って傷が目立つのではないか?と心配される方が多いのですが、実は眉の直下というのは傷跡が元々目立ちにくいものなのです。本来、まぶたの弛みを取る手術を想像すると、上眼瞼切開のように二重瞼のライン状の弛んだ皮膚を直接切開するイメージを持たれるでしょうが、眉の直下から皮膚を切除して引き上げる方が自然な若返りができるのです。その上、上眼瞼切開では広範囲におよぶ皮膚の切除はできませんから、そういった意味でも眉毛下切開は広範囲にたるみを取ることができるためメリットが大きいことがあります。

  傷を目立たせないテクニック。

眉毛下切開の傷はもともと目立ちにくいのですが、私たちは切開する方法にさらに工夫を加え、眉毛下切開による傷跡を目立たせない工夫を凝らしています。

  眉毛下切開手術時の痛みを緩和する工夫を積極的におこなっています。

眉毛下切開の手術で一番痛みを感じるのは麻酔です。麻酔の注射の痛みを緩和できるよう、麻酔薬を独自に調合しPhなどを体に適合しやすい状態に整えたり、注射針を極細針を使うことで穿刺痛を和らげる努力をしています。

  確実な効果をお約束します。

たるみ取りは結果が全てです。手術直後から眉毛下切開の効果を実感していただけますし、自然な仕上がりであるということを手術直後から実感できるようにしています。

眉毛下切開 実際の方法
[ 不自然な仕上がりにはなりません。弛んだ皮膚だけを自然に引き上げます ]

眉毛下切開というのは弛んでしまったまぶたの皮膚だけを取り除きますので、元々二重だった方はそのまま昔と同じ二重瞼に、一重だった人は一重まぶたのまま弛みだけを解消できるのです。この手術に一番適している方というのは、瞼の弛みを解消したい方、眉の位置が低くなっていない方に向いているとお考え下さい。

最初に眉直下にデザインをおこないます。このデザインで基本的な切除幅が決まります。どの程度たるみを取りたいのかということはその方のご要望に応じるようにしています。目一杯たるみを取りたい場合はそのように切除幅を広げますし、控え目に取りたいという方の場合は、控えめに切除幅を決定します。ただし、切除幅によっては眉の位置が変わってしまうことがあるため、個々のケースで適切に判断しなくてはいけません。

デザインが終わったら麻酔の注射をおこないます。麻酔の範囲は基本的には切開部分と切除する皮膚全体に注射していきます。麻酔の効果が現れたら皮膚を切開していきます。切除するのは弛んでいる皮膚ですが、状態によっては眼輪筋なども処理することがあります。

皮膚の切除、眼輪筋の処理が終了したら傷を縫合します。透明の糸を使うクリニックもあるようですが、私たちは柔らかさと太さの面から、透明のナイロン糸ではなく、体に一番優しい黒い糸で縫合しています。黒い糸であっても眉毛と同化しますから目立ちませんのでご安心下さい。術後は軽い圧迫とアイシング(冷やします)のため少しお休み頂いて、止血状態を確認しご帰宅して頂きます。

(眉毛固定)
眉の位置の固定については状態で判断しています。最優先すべきはどういった仕上がりを望むのかということです。希望している仕上がりに応じて適切な固定をおこないます。

眉毛下切開における術後の腫れ・注意事項
[ 眉毛下切開の術後の過ごし方や注意点についてご紹介します ]

眉毛下切開は眼瞼下垂や上眼瞼切開のような強い腫れを引き起こす手術ではありません。基本的には手術直後の状態が仕上がりにほぼ近いものであるとお考え下さい。翌日に軽い腫れを生じますが数日で引いてしまいます。(眉毛固定を行った場合は少し腫れが延長する可能性があります。)
翌日は傷跡を目立たせない処置のためご来院いただきます。
抜糸は5〜7日後で、1ヶ月後、3ヶ月後に傷の状態と仕上がりの満足度を確認させていただき終了します。

[メイクについて]

ファンデーションなどは手術翌日から可能です。

[洗顔・洗髪について]

眉毛下切開手術の翌日からは洗顔していただけます。翌日からシャワーも可能ですが、入浴は腫れを助長しますので、腫れが一定落ち着いてからとさせていただきます。

[アイシングの方法]

眉毛下切開手術の翌日からは洗顔していただけます。翌日からシャワーも可能ですが、入浴は腫れを助長しますので、腫れが一定落ち着いてからとさせていただきます。

眉毛下切開の費用と保証について
[ 眉毛下切開にかかる実際の手術費用のご案内です ]
眉毛下切開の実際の費用
手術費用324,000円
初診料3,240円
血液検査費用6,480円
合計333,720円(税込)
※眉毛固定の費用も含まれています。
※すべて税込費用で表記しています。
眉毛下切開の仕上がり保証について

眉毛下切開の保証についてですが、切開の手術ですので再発などはありません。そのため3ヶ月、半年後に状態を診させていただき、仕上がりに満足できていればそれで一旦終了とさせていただきます。もちろん、その時点で仕上がりに満足して頂けなければ、保証として再手術まできちんと対応しています。
ただし、老化による変化は違います。この手術は術後直後から老化は進行します。何年も過ぎれば弛みは進行するでしょうし、開きやすさも手術直後よりは垂れ下がってくるでしょう。これはあくまで一般的な老化であって眼瞼下垂の再発ということではありません。中には一度眼瞼下垂の手術を受けたら一生今のまぶたの状態が続くと思われている方もお見えになるのですが、誰であっても老化が止まることはあり得ません。

仕上がりについては3ヶ月もしくは半年後の最終チェック時に確認させていただき、仕上がりに満足出来ていればその時点で一旦終了とさせていただきます。その後に何らかの症状があればいつでも診させて頂きますので特に期限などは設けておりません。


眉毛下切開は他のまぶたのたるみ取りの手術と比べ遥かにリスクや問題点というのが少ない治療です。しかし、そんな眉毛下切開でも全くリスクが無い訳ではありません。ここでは眉毛下切開で起こりうる問題点についてご説明していきます。

■ 眉の位置の下垂

この手術は基本的には皮膚を切除することで眉の位置が下がったように見えてしまいます。それは眉と目の距離が短くなったように感じるのです。そのため必要に応じて眉毛固定をした上で、眉毛下の弛んだ皮膚を切除しています。

■ 仕上がりに満足できない

眉毛下切開で起こりうる問題のひとつに眉毛下切開を受けたけれどなにか満足できないという方が相談に来られます。実際に診察してみると弛みは改善されているのですが、老けた印象になっているケースです。理由は元々眉の位置が低い方、加齢によって眉の位置が低くなってしまった方に安易に眉毛下切開をおこなってしまった場合です。眉毛下切開によってさらに眉の位置が下がってしまったので、仕上がりに満足できずご来院されたことがわかりました。こういった方の場合、眉毛上切開やブローリフトによって眉の位置を上部に設定し、眉毛下切開をおこなえばこのような問題を引き起こさずに済んでいるのです。大切なのはカウンセリングです。十分な経験のない医師が「弛み=眉毛下切開」と判断した結果によるものなのです。


他院での修正手術について

他院で上眼瞼切開を受けられて修正手術をご希望の場合、修正時期というのが重要になることがあります。基本的には炎症などが完全に落ち着く3ヶ月から半年以降が再手術の時期ですが、腫れの程度や左右差のアンバランスなどによってはその期間に満たなくとも修正手術をおこなう場合もあります。

慶友形成クリニックではこれまで多くの修正手術を手掛けた経験から、さまざまな状態に応じた修復手術に対応できます。場合によっては待つだけ無意味な無駄な時間を過ごしてしまう方も少なくありません。これって失敗かもと思われるのならまずはご相談下さい。

慶友形成クリニック神戸
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2-12 フラワーロード第三ビル8F
TEL:0570-00-3361
診療時間:10:00~19:00 完全予約制
個人情報の取り扱いに関する事項 サイトマップ
リンク集 お問合わせ
本ページ内すべての文章・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic KOBE.